フォト

« 所詮「反原発」馬鹿はこんな物、支援団体がテロリストの「中核派」。 | トップページ | また迷惑チョンの「連続投稿魔」が出現! »

2013年7月23日 (火)

未だに「八つ墓村」を引きずってる地域が日本にあったとは・・・

山口県周南しゅうなん市金峰みたけの集落4棟で男女5人が頭部を鈍器のようなもので殴られて殺害された事件で、県警が殺人と非現住建造物等放火容疑で自宅を捜索した職業不詳の男(63)が、県警周南署に「地域で悪口を言われた」などと相談していたことが分かった。
 県警は男の行方を追うとともに、事件との関連を調べている。
 捜査関係者によると、男は2011年の元日に1人で同署を訪れ、「集落で悪口を言われて、孤立している」などと相談し、周辺住民との関係がうまくいっていないとする内容の話をしていた。
...  男は20年近く前に川崎市から地元の集落に戻ったが、数年前までに両親が死亡して以降、住民とのトラブルが目立っていたという。男は犬を2匹飼っており、散歩の途中ですれ違った住民をどなりつける姿が度々目撃されていた。主婦の井戸端会議に割り込んできて、「俺は薬を飲んでいるのだから、10人や20人殺したって罪にならない」と脅したこともあり、住民らがおびえていたという。

SO-NETより引用

このニュースを読んで「横溝正史」の「八つ墓村」を思い出した、このモデルも戦時中の「津山16人殺し殺人事件」でこの事件と同じく山奥の集落である。

この場所も「光ファィバー」はおろか「携帯電話」「スマホ」も通じない山奥の集落である、川崎市のような「情報」も「娯楽」も大量にあるところから、いきなり情報も「新聞」と「テレビ」だけ、「娯楽」にいたっては何も無い山村に行ったら気がおかしくなる。

このような山奥の集落じゃ「遺恨悪習」が蔓延っているからなおさらおかしくなる。

伊豆諸島の「秘境」と言われる「御蔵島」や「青ヶ島」すらスマホが使えるのに、本土でスマホが通じない場所があるとは驚いた。

« 所詮「反原発」馬鹿はこんな物、支援団体がテロリストの「中核派」。 | トップページ | また迷惑チョンの「連続投稿魔」が出現! »

ニュース」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

馬鹿スピリチャル・クソオカルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/52573243

この記事へのトラックバック一覧です: 未だに「八つ墓村」を引きずってる地域が日本にあったとは・・・:

« 所詮「反原発」馬鹿はこんな物、支援団体がテロリストの「中核派」。 | トップページ | また迷惑チョンの「連続投稿魔」が出現! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ