フォト

« 馬鹿左翼とクソジブリの馬鹿宗教「9条真理教」、最近は「生協」は騒がなくなったが。 | トップページ | 犯罪はいつもシナ・チョン、シナ・チョンは本当に「危険」極まりない! »

2013年7月26日 (金)

やっと「生贄」が見つかったか、生協をゆるがせた「毒餃子事件」。

2008年1月に発覚し、日本人が被害を受けた中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国河北省石家荘市中級人民法院(地裁)は26日、製造元の「天洋食品」(同市)の元臨時従業員で、危険物質投入罪で起訴された呂月庭被告(39)に対する初公判を30日午前9時(日本時間同10時)に開くと明らかにした。同法院が北京の日本大使館に伝えた。

 事件では天洋食品製のギョーザを食べた千葉、兵庫両県の3家族10人が中毒症状を起こし、千葉の事件では女児が一時重体となった。事件を受けて日本国内では中国の食品安全問題への懸念が広がり、日本人の対中感情悪化の大きな原因となった。
...
 日中両国の警察当局は捜査協力を進めたが、事件から5年半が経過する中、裁判を通じて事件の全容がどこまで明らかになるかが焦点。沖縄県・尖閣諸島などをめぐる日中関係の悪化が、公判に影響する可能性も指摘される。

エキサイトニュースより引用

シナの反政府者の奴を犯人に仕立てあげやっと死刑の生贄が見つかったシナ政府、これのおかげで生協から客が引くし組合員の大量脱退が相次ぎ生協の財政が傾いた。

この事件とアグネスの「児童ポルノ」問題でしばらく「生協」は出資金だけ残して「幽霊組合員」と化してした、しばらくしたら近所の生協は合併して違う生協組織になっていた。

共産党の巣窟「生協」もこの毒餃子事件の大量脱退で共産党色を薄めざるおえない事態になった、夏になるとウザイほどあった「原爆展」やら「戦争・平和関連」やらの張り紙が消えて、店からのお知らせ、放射能検査関連、子供向けの農業教室ぐらいになった。

生協を揺るがせた裁判?がシナで始まった、政治犯の粛清だな。

« 馬鹿左翼とクソジブリの馬鹿宗教「9条真理教」、最近は「生協」は騒がなくなったが。 | トップページ | 犯罪はいつもシナ・チョン、シナ・チョンは本当に「危険」極まりない! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/52619415

この記事へのトラックバック一覧です: やっと「生贄」が見つかったか、生協をゆるがせた「毒餃子事件」。:

« 馬鹿左翼とクソジブリの馬鹿宗教「9条真理教」、最近は「生協」は騒がなくなったが。 | トップページ | 犯罪はいつもシナ・チョン、シナ・チョンは本当に「危険」極まりない! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ