フォト

« 馬鹿辛坊を援護する、馬鹿女性週刊誌の「女性自身」、腐れ女性週刊誌は消えろ! | トップページ | 本日も出ました「サンリオ村」のマルチポスト、チョンの福祉看護師。 »

2013年7月 6日 (土)

精神科医の悪行と社会的抹殺が明らかになった、ガスライティングは犯罪だ!

妄想がある」などと嘘の説明をされ、大阪府立精神医療センターに強制的に入院させられたとして、同府に住む女性(64)らが元夫(66)らに計1900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、大阪地裁であった。森木田邦裕裁判長は「女性との離婚訴訟を有利に進めるため、精神科受診の必要性がないのに女性の症状を偽った」とし、元夫側に計約220万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は平成20年12月ごろから元夫と別居し、21年、大阪家裁に離婚訴訟を起こした。23年1月28日に判決予定だったが、同月14日、元夫の依頼を受けた業者に自宅から無理やり同センターに連れて行かれた。元夫は医師に、訴訟中であることを隠した上で「(女性には)妄想や幻覚症状などがある」と偽り、医療保護入院させた。
...
 医療保護入院は、精神保健福祉法で「本人の同意がなくても保護者の同意があれば入院させられる」とされている。しかし、訴訟係争中は保護者になれず、女性の代理人弁護士が医師に説明し、即日退院した。

 森木田裁判長は判決理由で、元夫の行為について「不正な目的で精神科医療の現場を巻き込み、悪質性が高い」と指摘した。

楽天インフォシークより引用

たびたび騒がせてる「カルト創価」による「集団ストーカー」より犯罪が法廷で明らかになった、この元夫が元妻にやったことは完全な「ガスライティング」である。

いわば集団ストーカーを夫婦間でやったことで、これを創価に反する活動・宗教などを「社会的抹殺」の実態が明らかなになった、法廷で「ガスライティング」が明らかになったことで「アンカリング」などの集団ストーカー解明にまた一歩近づく。

この元夫のやったことは完全な「ガスライティング」である。

« 馬鹿辛坊を援護する、馬鹿女性週刊誌の「女性自身」、腐れ女性週刊誌は消えろ! | トップページ | 本日も出ました「サンリオ村」のマルチポスト、チョンの福祉看護師。 »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/52334748

この記事へのトラックバック一覧です: 精神科医の悪行と社会的抹殺が明らかになった、ガスライティングは犯罪だ!:

« 馬鹿辛坊を援護する、馬鹿女性週刊誌の「女性自身」、腐れ女性週刊誌は消えろ! | トップページ | 本日も出ました「サンリオ村」のマルチポスト、チョンの福祉看護師。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ