フォト

« 結局原因のチョンLGの責任は無しか?偏向報道のNHK死ね! | トップページ | 何でもこじつけして火病するバ韓国の馬鹿さ加減。 »

2013年5月16日 (木)

任天堂やSECソニーが簡単に倒れることがない、課金やガチャであくどいソシャゲとはわけが違う


グリーは5月14日、2013年6月期第3四半期(1~3月)決算を発表した。売上高は378億9200万円
(前年同期比18%減)、営業利益は 108億1100万円(同56%減)、経常利益は121億2900万円
(同51%減)、純利益は47億600万円(同65%減)となった。
...
グリーは通期業績の下方修正も発表している。同社は2012年10~12月期の決算発表でも
下方修正を発表している。

今回の発表では、売上高は1500億円(前回は1600億~1700億円)、営業利益は460億円
(同500億~600億円)、経常利益は490億円(同500億~600億円)、純利益は240億円
(同310億~370億円)と修正されている。国内向けのソーシャルゲームが不調で、前回発表の
予想値を下回るほか、海外向けなど一部タイトル関連の減損損益を今期に計上したことが
理由としている。

あとろぐ速報より引用

ソシャゲ業界が「任天堂・ソニー(SCE)を倒す!」と息巻いていたが、蓋を開ければなんのその逆に任天堂・ソニーの底力が見える形になった。

以前は「任天堂・ソニー・セガ」の三つ巴で激しいバトルを繰り広げ、数多くの敵と戦ってきた「任天堂・SCE」、この両者は日本のゲームリーダーとして引っ張ってきた。

特に「任天堂」はテレビゲームの歴史は古くファミコンの前から「テレビテニス」を作ってきており、テレビゲームの前も今でも続いてる「花札・トランプ・マージャン牌」などゲームに携わっている歴史と伝統がある。

ゲームの王様「任天堂」がそう簡単に倒れるわけが無い、逆に「安全」が証明されて携帯ゲーム機は息を吹き返してる。

ソフトの代金で楽しく遊べるからな。

« 結局原因のチョンLGの責任は無しか?偏向報道のNHK死ね! | トップページ | 何でもこじつけして火病するバ韓国の馬鹿さ加減。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/51647382

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂やSECソニーが簡単に倒れることがない、課金やガチャであくどいソシャゲとはわけが違う:

« 結局原因のチョンLGの責任は無しか?偏向報道のNHK死ね! | トップページ | 何でもこじつけして火病するバ韓国の馬鹿さ加減。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ