フォト

« NHKとR25はクソサヨの手先に成り下がった。 | トップページ | 日本経済新聞もバ韓国擁護の「頓珍漢」記事。 »

2013年4月 5日 (金)

川崎市!特アは仲間じゃない!

アジア各国の実力派アーティストらが出演する一大音楽フェスティバル「第9回 アジア交流音楽祭2013」(「音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭」実行委員会主催)が4月20日(土)、21日(日)の2日間、JR川崎駅周辺で開催される。今年は4月1日にリニューアルオープンするミューザ川崎シンフォニーホールをメーン会場に計10カ所で様々なアーティストが個性と魅力溢れるパフォーマンスを繰り広げる。

 20日のミューザ川崎シンフォニーホールのメーンステージには、韓国の実力派シンガーソングライターJ-Min(ジェイミン)、沖縄のボーカル&MCユニット・TWIN CROSS(ツインクロス)をはじめ、テレビ番組「のどじまんザ!ワールド」で絶賛された注目のソウルシンガー・クリス・ハート、メンバー全員音大卒のヴォーカルグループLe Velvets(ル ヴェルヴェッツ)、台湾の歌姫として注目度急上昇中の阿福(アフー)の5組が参加。JUJU、西野カナ、少女時代など数多くの有名アーティストを手がけたジェフ・ミヤハラ氏を総合プロデューサーに迎え、ステージを盛り上げる。

伝統音楽からポップスまで交流ステージにも注目

 JR川崎駅周辺のラゾーナ川崎プラザ、ラ チッタデッラ、川崎地下街アゼリア、アトレ川崎、川崎駅東口広場など9ヵ所の「交流ステージ」では日本、韓国、中国、ベトナム、タイ、ネパールなどの伝統的民族音楽からポップスまで様々なジャンルの音楽が無料で楽しめる。

 さらに期間中「かわさきアジアンフェスタ」が同時開催され、アジア各国の料理などが味わえ、アジア気分を満喫できる。

タウンニュースより引用

「川崎アジアンフェスタ」と銘打っているが自分としてはいわいる「特ア」の参加を認めて欲しくない、台湾・ネパール・ベトナム・タイなどは認める、しかし「シナ・チョン」まで参加を認める川崎市は本当に馬鹿としか言いようが無い。

なにしろ悪名高きチョン部落「桜本(おおひん地区)」や「戸手」をほったらかしにしているからだ、逆に馬鹿在日チョンどもを優遇してる川崎市は本当に頭がおかしい。

チョンとかシナの音楽は聴きたくない、この二日間は「ももクロZ」のボリュームを上げるか。

« NHKとR25はクソサヨの手先に成り下がった。 | トップページ | 日本経済新聞もバ韓国擁護の「頓珍漢」記事。 »

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/51107042

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市!特アは仲間じゃない!:

« NHKとR25はクソサヨの手先に成り下がった。 | トップページ | 日本経済新聞もバ韓国擁護の「頓珍漢」記事。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ