フォト

« 川崎市!特アは仲間じゃない! | トップページ | 天気が「味方」した!チョン祭り中止! »

2013年4月 5日 (金)

日本経済新聞もバ韓国擁護の「頓珍漢」記事。

最初にはっきりさせておきたいのは、私が、韓国ならびに北朝鮮の政府や人民を擁護する目的でこのテキストを書くのではないということだ。朝鮮半島の人間が聖人君子ぞろいだとか、韓半島由来の文化が日本のそれより断然優れているとか、両政府の対日政策が戦後一貫して理性的かつ適切であったとか、「無慈悲に」「容赦ない」という強調表現のセンスがすばらしいとか、私は、そういうことを言おうとしているのではない。

どこの国にでも卑劣な人間はいる。それは日本でも朝鮮でも同じことだ。どんな場所にでも、考えの浅い国民は常に一定数居住している。

 ただ、大部分の人間は、どこの国の国民であっても、穏当な考えを持った普通の人々だ。

 ……と、こういうことを書いても、きれいごとだと思う人はそういうふうにしか思わない。

「オレの知っている韓国人は息を吐くようにウソをつく」

「あなたは本当の朝鮮人を知らない。あいつらは人をだますことばかり考えている」

「私はハングルをしゃべる(←この言い方は間違い。ハングルは文字なのでしゃべれない)ことができるし、大勢の韓国人とつきあいがあるが、彼らはウソつきばかりだ」

 という感じの声が、事実、私のツイッターには、多数寄せられている。

 で、私は、以下のようなツイートを配信した。

《誠実な韓国人もいれば下劣な韓国人もいる。当たり前の話です。仮にAなる男が直接に交流した韓国人がそろいもそろって下劣だったのだとすると、それは、A氏の側の問題だろうね。つまり、A氏が、相手からみて、誠実に付き合う気持ちになれない人間であった、と。》(リンクはこちら)

 もちろん、このツイートにも山ほど反論が来ている。

「そりゃ、まともな韓国人だっているだろうさ。ただ、大多数派が嘘つきだというDNAの話だよ」

 再反論はしない。

 無駄だと思うからだ。

 私がこの問題に関与しようと考えたのは、どちらかといえば、国内的な理由だ。

 どういうことなのかというと、私は、日本の社会の風儀の荒れ方に懸念を抱いたからこそ、カメラ目線で演説するという、苦手分野のお話にあえて乗ったのであって、もう少し踏み込んだ言い方をするなら、新大久保で展開されている一連のデモが、「反日的」だと思うから、それに対して反対の意思を表明するべく、面倒な仕事を引き受けたのである。

このことは、観光や貿易の分野に必ずやネガティブな影響力をもたらす。のみならず、在外邦人の安全や暮らしやすさにもマイナスになる。もちろん、オリンピック招致にも大きな影を落とすはずだ。来なくてもいっこうにかまわないけれど。

 ということはつまり、新大久保の路上で在日外国人を恫喝している彼らは、なによりもまず日本の国益を毀損しているのである。

 私が新大久保のデモに反対するもうひとつの理由は、手法が頓珍漢だからだ。

 百歩譲って、在特会の人々が言っている「在日特権」が不当な差別(彼らは、在日特権が、日本人および在日韓国・朝鮮人以外の在留外国人に対しての不当な差別であると主張している)であるという彼らの主張を、そのまま丸呑みにするのだとして、そうだとすれば、抗議の持って行き場所は、その「特権」を許容し、実効化させている日本の政府ないしは行政機関であるはずだ。

 新大久保の焼き肉屋のおっさんに在日特権の無効化を訴えても彼らにはどうしようもないし、韓流ショップの店員を恫喝したからといって彼らの言っている「日本人への差別」が改善されるはずもない。

 では、なぜ、彼らは、効果の無い場所に向けてデモをかけているのだろうか。

 答えは簡単。

 このデモが、届け出上は、デモという形式を踏んでいる一方で、その実、実質的には「嫌がらせ」だからだ。

以下、この件についての、自分のツイートを引用することにする。

《(1)韓国で展開されている日本人差別 と(2)日本国内での韓国人差別 は、もちろん両方とも不快。ただ(2)は、日本の国際的評価を毀損し、国内の風儀と民心を荒廃させるという意味で、より深刻なわけで、それゆえ(2)の方をより強く批判するですね、愛国者であればなおのこと。》(リンクはこちら)

 ついでにもうひとつ。

《自分たちが先方に嫌われていることは不当な偏見による差別のあらわれと判断する一方で、自分たちが先方を嫌っていることについては、相手に非があるんだから当然だろみたいな、そういう考え方をしている人たちの相手をしていると、やっぱり少々面倒くさくなってきますね。》(リンクはこちら)

 私は、韓国や北朝鮮に対してネガティブな気持ちを抱くことや、その旨を言明することは、言語道断の不道徳だ、とは思っていない。何かを嫌う人間が嫌う対象を嫌うことは、どうしようもないことだ。だから、無理矢理に仲良くする必要も無いというふうに考えている。

 ただ、市井に暮らす民間人を恫喝するのは、あまりにも無慈悲なのでやめてあげてほしい。

日経ビジネスオンラインより引用

日本経済新聞もこんな「小田嶋隆」みたいな9条左翼を出してチョンの援護とはあきれ返る、もっとも「日経新聞」はサムスンみたいなクソチョン企業を持ち上げる記事ばかり書いているから「サムスンのステマ」新聞なんだよ。

だからこんな9条馬鹿の小田嶋隆などがチョンを援護して「在特会」始め正しい日本国民をけなす、この馬鹿も多分クソ在日で下手すれば両親のどちらかがチョンに違いないだろう。

だから「9条」みたいな役立たずの遺物にすがりつく「非国民」、日本経済新聞自体ももはやクズゴミ新聞で「薪の焚きつけ」しか役に立たない。

« 川崎市!特アは仲間じゃない! | トップページ | 天気が「味方」した!チョン祭り中止! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/51109415

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済新聞もバ韓国擁護の「頓珍漢」記事。:

« 川崎市!特アは仲間じゃない! | トップページ | 天気が「味方」した!チョン祭り中止! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ