フォト

« このような馬鹿がいるから、真の「愛国」「保守」が馬鹿にされる! | トップページ | 余計な干渉をする「馬鹿左翼」と「反原発」 »

2013年4月25日 (木)

ロクでもない「福祉職員」!またもや福祉の仮面が剥がれる!

警視庁高輪署は2013年4月24日、強姦の疑いで介護福祉士の袖山卓也容疑者(41)を逮捕した。

   袖山容疑者は「笑う介護士」という別名を持ち、執筆活動や講演を盛んに行っている、業界ではかなりの有名人だ。しかし被害女性が明かした事件の一部始終は、イメージとかけ離れたものだった。

「元ヤン」仲間の死きっかけに介護の道へ

   袖山容疑者は13年3月上旬、2月にFacebookで知り合った女性と初対面し、飲食店で食事した。その後女性が宿泊していた東京・港区のホテルの一室に入り、暴行した疑いが持たれている。

   4月25日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、袖山容疑者の人となりに迫ったほか、被害女性の独占電話取材も放送された。

   袖山容疑者は介護する高齢者を楽しませることから「笑う介護士」と呼ばれ、年に100回以上の講演を行っているほか、著書も複数出版する、いわば介護士の「カリスマ」だ。

   名古屋市内の自身がプロデュースした介護施設の関係者は、「介護士としての腕はかなり高く評価されていた」という。また、同市内には妻と子供3人と暮らすマンションがあり、住人は取材に対し「奥さんもすごく感じのいい人ですし、旦那さんも普通にいい人」、今回の事件については「そんな風には見えない」と話した。

   また、袖山容疑者が月3回訪れる病院の関係者も「高齢者の方にはものすごい人気があったということはよく耳にしますね」と語り、女性スタッフを口説くような様子も「全くない」と話していた。

   袖山容疑者は高校時代までは「ヤンキー」で、金髪メッシュの頭に股を広げてしゃがみ、カメラを睨み付けている写真も放送された。仲間がバイク事故で死んだのをきっかけに命について考えるようになり、医療福祉関係の短大へ進んだという。

「大きい声出すと、口の中に指入れられ…」

   被害女性も、袖山容疑者の介護への向き合い方に惹かれた1人だった。

   とくダネ!の電話取材によると、女性は介護福祉士として働いており、著書などで袖山容疑者を知った。女性は「信頼というか憧れというかカリスマ」と思っていたといい、Facebookでの交流から「サシで飲みたい、会いたい」と言われ、食事をしたという。

   食事の席では「私のやってきた介護を認めてくれて、『力を貸すよ』とか、『こういう介護していきたいよね』とか、『日本の介護を変えて行きたいよね』って熱く語れた」が、その後女性が宿泊するホテルまで送ると、「もっと話したいね、介護のことをね」などと言いながら部屋に上がり込んだ。

   部屋では態度が一変し、「僕の愛人になってほしい」「海外の研修に連れて行きたい」「これから2人で会う時は2人だけの秘密にしよう」などと迫り、無理矢理押し倒して数十分にわたる暴行に及んだ。女性は「どんなに抵抗しても泣いてもやめてくれないし、指をかんだりもした。足の力で体を離そうとしたけど無理で、手でもだめだし、『やめて!』とか大きい声を出すと『しぃ』って口の中に親指を入れられ、噛んでやめさせようとしたけどだめだった」と、当時の様子を赤裸々に明かした。

   女性は「周りにも言えないことだから、逮捕されるまで眠れないし、吐き気はするし、頭痛もするし」「尊敬の思いで、目指す介護の部分でアドバイスが欲しいと思って望んだことだったから、踏みにじられて悔しいし、介護の世界から消えて欲しい、早く」と怒りをにじませながら、涙ながらに語っていた。

   番組では、袖山容疑者が女性に送ったとされる「どうか心に収めて一緒に乗り越えてくれないかな どうかお願いします」「本当に本当にすみません」などというメールも紹介されていた。

「世界に福祉発信しなきゃ」熱い介護観、調べに「合意の上」と否認

   「笑う介護士流儀」というサイトでは、袖山容疑者の講演会や研修会などを動画で視聴できる。

   無料のサンプル動画を見てみると、講演や研修の場で「仁や義をちゃんと理解して体現できるのは日本国民だけだと思ってるので、世界に福祉を発信しなきゃいけないのは日本だと思ってる」「彼らが黙って死んでいく潔さや強かさを持ってるから、健康と言われてる僕らがいかに近付いた言葉を投げるかってことに挑戦していかないと、下手すると黙って死んでいけてしまうんですよ」など、自身の介護への思いを語っており、その言葉からは確かに熱さや真摯さが感じられる。

   それだけに、今回の事件は同じ介護士や介護を目指す人たちにとってショックだったようだ。ツイッターには、「高校の時あの人の講話すごい感動して、看護じゃなくても介護でもいいかもって思ったのになぁ」「彼のプロデュースした施設にも見学行ったりして、目標にしていたのに」「あなたの講演聞いて介護観変わった人たくさんいると思うのに…朝からショックすぎて…気持ち悪すぎる…」「憧れとったのに!本も読まされたのに!ガッチリ握手もしたのに!イケメンやったのに!」など、「残念だ」という書き込みが見られる。

   なお、袖山容疑者は取り調べに対し「強引ではあったが、合意の上だった」と容疑を否認しているという。

J-CASTより引用

またも「福祉の仮面」の化けの皮が剥がれた事件が起きた、ついに職員の「スーパーフリー」化まで起こってしまった。

福祉職員の質の低下は前々からあったが、ほとんどが「補助金詐欺」「施設費の個人流用」「補助金持ち逃げ」などの金銭・詐欺犯が多かったが今回で強姦という暴力犯罪まで出てしまった。

今までは障害者や高齢者に対する暴力行為だったが、今回は同じ職員同士への暴力(強姦)である。

福祉は暗黒星雲の犯罪者の巣窟である。

« このような馬鹿がいるから、真の「愛国」「保守」が馬鹿にされる! | トップページ | 余計な干渉をする「馬鹿左翼」と「反原発」 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/51372537

この記事へのトラックバック一覧です: ロクでもない「福祉職員」!またもや福祉の仮面が剥がれる!:

« このような馬鹿がいるから、真の「愛国」「保守」が馬鹿にされる! | トップページ | 余計な干渉をする「馬鹿左翼」と「反原発」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ