フォト

« IIJがんばれ!クソゲンダイを多額の賠償金で叩きつぶせ! | トップページ | 三ッ池公園の桜 »

2013年3月28日 (木)

花王がヘルシアコーヒー発売、危険極まりないシロモノだな。

花王は27日、同社の特定保健用食品ブランド「ヘルシア」から、「ヘルシアコーヒー」を4月4日に発売すると発表した。高齢化の進展や健康ニーズの高まりで、特保の清涼飲料市場は堅調に推移しており、昨年はコーラの特保飲料が市場をにぎわした。コーヒーの特保飲料でお茶、コーラに次ぐ特保飲料の第三の核を狙う。

 同社はヘルシア緑茶を発売した2003年からコーヒーポリフェノールの研究に着手。これまでのヘルシアシリーズに含まれるカテキンとは異なる「コーヒークロロゲン酸」というポリフェノール成分に着目し、研究開発を続けてきた。その結果、コーヒークロロゲン酸に脂肪を低減させるメカニズムを世界で初めて発見。通常の約2.5倍の生豆を使用してクロロゲン酸を2倍とする一方、苦味や雑味の元となる酸化成分を50分の1に低減する独自製法を開発した。

 沢田道隆社長は、「効果を高めつつ、スッキリした後味や香りの余韻を楽しめるものに仕上げた」と説明した。

 ヘルシアコーヒーは、クロロゲン酸270ミリグラムを含有し、ヘルシア緑茶などに含まれるカテキン540ミリグラムと同等の効果を持つという。「無糖ブラック」と「微糖ミルク」の2種類で、各185グラム入り149円。30~40代のビジネスマンをターゲットに、年内に150万ケース(1ケース30本入り)の販売を目指す。

 花王によると、特保の清涼飲料市場は2012年で約700億円。昨年はキリンビバレッジがコーラの特保飲料を発売。他社も追随して市場を牽引し、11年に比べ、特保清涼飲料市場は100億円近く拡大した。

 ヘルシアは12年で約300億円の売り上げを誇り、沢田社長はヘルシアコーヒーの発売で、「ヘルシア全体で500億円に向けて、あらゆる施策を取りたい」と話し、同ブランドの新たな柱を構築する考えを示した。

 特保のコーヒーはAGFやダイドーからも発売されているが、特保清涼飲料のトップブランドであるヘルシアコーヒーの発売で、特保のコーヒー市場が活気づく可能性もありそうだ。

gooニュースより引用

お茶であれだけ「発がん性物質」満載の烙印をおされた、反日企業「花王」が日本人抹殺計画を発動「ヘルシアコーヒー」を発売。

まさに「毒入り危険 飲んだら死にます」のシロモノだなこりゃ・・・

賢明な方は買わないと思いますがくれぐれも花王製品不買を遂行するように。

花王を潰せばフジも潰せる、花王はフジの大株主。

« IIJがんばれ!クソゲンダイを多額の賠償金で叩きつぶせ! | トップページ | 三ッ池公園の桜 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/50989610

この記事へのトラックバック一覧です: 花王がヘルシアコーヒー発売、危険極まりないシロモノだな。:

« IIJがんばれ!クソゲンダイを多額の賠償金で叩きつぶせ! | トップページ | 三ッ池公園の桜 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ