フォト

« 米兵といえども「軍人魂」は変わらず、忠義の心がしっかりとあります。 | トップページ | 馬鹿知事「黒岩」もやっとわかったようだな、後はお前が辞任するか死んでくれ! »

2013年2月13日 (水)

数字が正しい!テレビはそっぽを向かれている!

NHKのテレビ放送が“還暦”を迎えた1日の夜、糸井重里さん司会で同局が放送した討論特番「1000人が考える テレビ ミライ」には、考えさせられた。

 スタジオ参加の一般視聴者25人、ネット参加者約1000人に「TV視てますか?」みたいな質問をして、「イエス」と「ノー」の回答割合を瞬時にグラフ表示しては、スタジオのゲスト(超高視聴率ドラマ「ロングバケーション」「ビューティフル・ライフ」の脚本家・北川悦吏子ほか)や一般参加者がああだこうだと意見を述べ合う趣向。

 ありがちな番組ではあるけど、呼び水として示された“データ”には驚いた。

 日曜夜のゴールデンタイムのバラエティーの平均視聴率が、20年前には30本以上の番組が15%を越えていたのに、5年後に半減、その5年後も、さらにその5年後にもほぼ半減し、現在は「0本」、ただの1本もなくなってしまったという。

 そんなばかな、と思ったが、れっきとした事実のようだ。視聴者のテレビ離れはそこまで進んでいる。

ZAKZAKより引用

テレビで40%を超えたのは「ももクロ」と「きゃりー」が出場した「紅白歌合戦」、昨日の「徹子の部屋」も「ももクロ」出演で視聴率がうなぎのぼりだったようだ。

リアルタイムで見て無くても「録画」してみてる人も多い。

コンテンツがよければ見る人は録画してみる、偏向・チョンや創価ゴリ押しなどでテレビにそっぽを向き始めたのも事実。

« 米兵といえども「軍人魂」は変わらず、忠義の心がしっかりとあります。 | トップページ | 馬鹿知事「黒岩」もやっとわかったようだな、後はお前が辞任するか死んでくれ! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/49383882

この記事へのトラックバック一覧です: 数字が正しい!テレビはそっぽを向かれている!:

« 米兵といえども「軍人魂」は変わらず、忠義の心がしっかりとあります。 | トップページ | 馬鹿知事「黒岩」もやっとわかったようだな、後はお前が辞任するか死んでくれ! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ