フォト

« お餅つき 三ッ池公園 | トップページ | 反原発の嘘と欺瞞の「化けの皮」が剥がれたようだ。 »

2013年1月19日 (土)

点数稼ぎの「違法職質」が無ければ楽しい場所なのだが・・・ 秋葉原

新年早々、東京秋葉原は萌えが燃えに燃えている。『アキバ大好き!祭り』(アキバ地域活性化プロジェクト主催)が1月12~14日の3日間盛大に催された。会場を3カ所に分け、それぞれ個性的なイベントがたくさん見られた。今回はその一部をここで紹介する。

同催しは2012年1月、8月に続いて3回目。「電気・電子部品街」「ものづくり支援の街」秋葉原と「ポップカルチャーの聖地」アキバとの共存共栄、地域活性化を図るというコンセプトで企画されたお祭り。それぞれの会場は入場無料で、大勢の観客が訪れた。

ベルサール秋葉原会場では定番の初音ミクの萌えグッズからラジコンヘリコプターまでさまざまなお店が1階フロアー内に並び、野外には肉の万世、象の耳といった有名食品店が出店、そしてなぜか「ちょうせい豆乳」の着ぐるみがどこへ行くでもなくうろついていた。う~ん、やっぱりこのゆるさがアキバである。

中には真面目に、「電気火災の注意」を訴える神田消防署のブースもあり、実際に発火した電子レンジの現物を展示していた。だが、筆者はそれよりも婦人消防員の萌えイラストに注目してしまった。燃えたのではなく、萌えましたという次第。

2階ではガンダムプラモの組み立て、レトロテレビゲーム遊び、紙で出来たロボット、そして「メイドさんといっしょに電子工作」というブースがあり、はんだ付けして「ハート型基板・電子オルゴールキット」をつくるといったちょっと電子部品で萌える体験もできる。ちなみにニコ生の特別放送も同フロアーで行われていた。

地下1階に降りていくとアキバを拠点に活動するアイドルグループたちが多数ライブを繰り広げていた。まさに黒山の人だかりといった感じで、パフォーマーと観客の熱気でムンムンしており、大きな掛け声がガンガン鳴り響いていた。それにしても、みんな元気だなぁ。また、ソフマップ1号館8階会場では「アイドル育成型エンターテイメントカフェ AKIHABARAバックステージpass」所属のアイドルキャスト「バクステ外神田1丁目」の握手会&ライブなどが行われていた。

そしてそして、アキバ・スクエアUDX2階会場で、「第3回萌えクィーンコンテスト」(主催アキバ・スクエア「新年ひろば」実行委員会)が異様な熱気の中で12日15時から開かれた。ネット投票で選ばれた12名のメイドカフェで働くメイドさんたちがそれぞれ自己アピールのための様々なパフォーマンスを披露。てづくりオムレツ、似顔絵書き、バルーンアート、歌、踊り、などなどで観客、ファンを楽しませた。

審査員と会場の投票によってグランプリに輝いたのは、「AKIHABARA MUSIC CAFE&BAR441」のあいりちゃん。

「うれしいの前にお礼を言いたいです。応援してくれて本当にみなさんありがとう。私みたいな泣き虫でへたれが選ばれるなんて……これからも頑張ります」

アキバは今年も元気。またいろいろ楽しくて萌えることをやってくれそうである。

エキサイトニュースより引用

本当に秋葉原は楽しい街だし、ケバブやおでん缶も美味い!

しかし警察の点数稼ぎの「違法職質」が嫌で秋葉原に行く事自体引いてしまう。

イベントは行きたいが違法職質が嫌だ。

« お餅つき 三ッ池公園 | トップページ | 反原発の嘘と欺瞞の「化けの皮」が剥がれたようだ。 »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/48831636

この記事へのトラックバック一覧です: 点数稼ぎの「違法職質」が無ければ楽しい場所なのだが・・・ 秋葉原:

« お餅つき 三ッ池公園 | トップページ | 反原発の嘘と欺瞞の「化けの皮」が剥がれたようだ。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ