フォト

« 遠隔操作の「真犯人」はオタク狩りの被害者か? | トップページ | 警察をあざ笑う「遠隔操作」の「真犯人」 »

2013年1月 9日 (水)

真犯人は「釣り」や「登山」などアウトドアが好きみたいだ

遠隔操作型ウイルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれるなどした事件は、「真犯人」の映像をとらえていた可能性が出てきたことで、新たな展開を迎えている

 これまで犯人の活動はインターネット上に限られていたが、神奈川県・江の島で、ウイルスのデータなどが入った記録媒体を猫の首輪に実際に仕掛けていた。警視庁などの合同捜査本部は、周囲の防犯カメラを徹底的に分析する手法で着実に犯人に迫りつつある。

 ◆50人で聞き込み

 神奈川県藤沢市の観光スポット、江の島。商店街の裏にある小屋の3畳間では8日午後も、捜査員がモニターを食い入るように見つめていた。島内に設置された防犯カメラ35台には、猫に触れたり、写真を撮ったりする複数の男性の映像が残っていた。近くでは約50人の捜査員が、猫の首輪を手にした人物がいなかったか聞き込みを続けた。

 捜査はこれまで困難を極めた。警視庁や大阪府警、神奈川、三重両県警が男性4人を誤認逮捕した後の10月、サイバー犯罪に詳しい落合洋司弁護士らに犯行声明が届き、さらに11月には自殺をほのめかすメールも寄せられたが、いずれも匿名化技術「Tor」が使われており、通信記録をたどることは難しかった。

 しかし、新たな手がかりが見つかったのは1周約4キロしかない江の島。同庁幹部は、「『真犯人』は数日前までここにいたはず。これからが本当の勝負だ」と力を込めた。

 ◆割れる犯人像

 捜査の進展で、「犯人像」も変わりつつある。これまでは、「ネットを使いこなす20歳代の若い男」とみる捜査員が多かった。しかし、今月1日と5日に報道機関などに送られたメールには、約10年前に流行したゲームやキャラクターなどの知識がなければ書けない表現があり、捜査本部内でも見方が割れている。

 「新しいゲームのご案内です」。1日午前0時過ぎに「真犯人」を名乗る人物から送られたメールでは、2000年に発売された人気ゲームが引用されていた。5日のメールでは01年発売のロールプレイングゲームに触れる内容も。ネットセキュリティーの専門家の間では、「30歳代以上の人ではないか」という見方も出ている。

ライブドアニュースより引用

正月の雲取山といい、今回の江ノ島といい、登山や釣りなどのアウトドアレジャーが好きなようだ。

特に「雲取山」は奥多摩の本当の奥で東京都の最高峰である、熊が出没したり下手すれば「遭難」しかねない山である、確かに雲取山アタックはきちんとテント泊か山小屋を予約して泊まらなければならない山である。

江ノ島も観光客・釣り人・ヨットやボートの係留してるマリーナまであるから不特定多数が出入りする。

なんだかこの真犯人はアウトドアレジャーが好きなようだ。

察するに「オタク狩り」で「銃刀法違反」や「軽犯罪法違反」で上げられて恨みを持つものの仕業か?

« 遠隔操作の「真犯人」はオタク狩りの被害者か? | トップページ | 警察をあざ笑う「遠隔操作」の「真犯人」 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/48668455

この記事へのトラックバック一覧です: 真犯人は「釣り」や「登山」などアウトドアが好きみたいだ:

« 遠隔操作の「真犯人」はオタク狩りの被害者か? | トップページ | 警察をあざ笑う「遠隔操作」の「真犯人」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ