フォト

« 日吉6こうプレーパークとキャントレラーメン | トップページ | チョン牧師の強姦・セクハラ事件の「口頭弁論」が始まる »

2013年1月24日 (木)

実際「青パト」は本当に治安維持に役に立っているのか?

埼玉県の緊急雇用創出事業として始まった「青色回転灯パトロール車」が、犯罪の抑止に一定の成果を挙げている。同事業は今年3月末で期間満了するが、街頭パトロールを同車に民間委託している県警からは、事業継続を望む声があがっている。街頭犯罪だけでなく、振り込め詐欺への注意呼びかけなど新たな試みも始め、治安の維持に民間の力が存在感を示している。(佐藤祐介)

■抑止力に「成果」

 青色パトロール車は昨年6月、県の緊急雇用創出事業の一環として始まった。専用車両を使った民間へのパトロール委託は県内初の取り組みだ。車は緊急雇用創出の予算で警備会社が調達。昼間の午後1時から翌午前5時まで、犯罪件数が多い県南や県東を中心に2人1組の青色パトロール車が巡回してきた。

 青色パトロール車は実際に効果を上げているとみられる。県内で最も犯罪認知件数が多い川口署管内では、昨年1月の認知件数が約400件だったのに対し、今年1月は21日時点で約250件弱と、減少傾向を見せている。

 「青色パトロール車が巡回していると安心感がある」。川口市の住民の1人はこう話した。

■細かいケアが「強み」

 県警は青色パトロール車の強みを「細かい気配りやケア」と説明する。青色灯を回転させて姿を見せることで、犯罪抑止を図るのが狙いの一つ。さらに同じルートを繰り返し回ることで、街頭の小さな変化にも目を光らせることができる。

 犯罪の実態に合わせて、従来は午後10時までだった巡回時間の変更も行った。コンビニ強盗や強制わいせつなどの多くが、夜間から未明にかけて多発する傾向を受け、昨年12月には午後8時から翌午前5時の巡回も開始。昼夜合わせて12署の管内に計82台を配備している。

 「治安向上に加え、一定の雇用創出も見込めるパトロール事業は県民への貢献になる。今後も継続できれば」と、県警幹部は意欲を見せる。

 街頭犯罪の抑止だけでなく、振り込め詐欺事件が多発する地域で、音声で注意を呼びかけるなど新たな工夫も始めた。県警幹部は「警察のパトカーと同様に、犯罪を試みる人物が青色パトロール車を警戒してくれるようになれば理想」と話している。

ライブドアニュースより引用

実際問題「青パト」も創価や左翼の情報収集や嫌がらせに使われている報告がある、青パト以外にもPTAのチャリンコパトロールや、犬の散歩をかねたワンワンパトロールなどとのトラブルも多い。

青パトやPTA・ワンパトなどが創価や左翼の人間が入り込み、近所の思想・宗教関係の調査に悪用してるケースもある、本当に真面目に青パトやPTA・ワンパトにきちんと協力してる人もいるが、なんだかトラブルばかりが目に付く。

本当に「青パト」「PTA」「ワンパト」で監視するのは在日のシナ・チョンや不法入国の外人である。

« 日吉6こうプレーパークとキャントレラーメン | トップページ | チョン牧師の強姦・セクハラ事件の「口頭弁論」が始まる »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/48932080

この記事へのトラックバック一覧です: 実際「青パト」は本当に治安維持に役に立っているのか?:

« 日吉6こうプレーパークとキャントレラーメン | トップページ | チョン牧師の強姦・セクハラ事件の「口頭弁論」が始まる »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ