フォト

« 詐欺で出頭もせずに逃げた「小森純」 | トップページ | コミケ参加者及び来場者に注意! »

2012年12月28日 (金)

ごれが「元来」の姿、チョンの都「新大久保」は閑古鳥

改札付近から表通りまで人があふれ、歩くのも精一杯──というのも今は昔。平日12時のJR新大久保駅前は、時たま乗降者の波がある程度で、以前の面影はどこへやら。

“韓流の聖地”の中心地とも言うべき「イケメン通り」の行列店だった韓国料理店の店長は、苦笑気味にこう話す。

「みんな通りを歩くんだけど、お店に食べに来ないんですよ。以前は30席ある店内は連日満席だったのに、今日はまだ4席しか埋まっていません」

“イケメン韓国人店員が焼き肉を焼いてくれる”と人気を博した料理店では、トングをビラに持ち替えたイケメンが、街頭で声を枯らして客の呼び込みをするシーンも。

「やっぱり2012年8月の竹島問題の影響が大きいんでしょうね。以前は中高年の女性がよく来てくれたんですけど、今は10~20代の若い女の子が『ホットク』(おやきに似た韓国のお菓子)を片手に、通りを歩いているだけですよ」(前出・韓国料理店店長)

 300mほどの細い路地にずらっと並んだ飲食店は、数か月前は人でごった返していたが、今や閑古鳥が鳴く状態。代わりに若者をターゲットにした新しい低価格コスメ店が立ち並んでいる。

※女性セブン2013年1月10・17日号 NEWポストセブンより引用

新大久保は「クロサワ楽器」抜かしてはチョンの都と化していた、しかし「竹島問題」「前大統領の天皇陛下謝罪問題」そして今回の「ノロウイルス韓国起源」と追い討ちがかかった。

さらに度重なる「デモ行進」「在特会に対して在日チョンが暴力行為」とYouTubeに流れた、いくらカスゴミや糞女性誌がゴリ押ししても「駄目な者は駄目」である。

人が入ってるのは「クロサワ楽器」だけである、これが元来の姿である。

« 詐欺で出頭もせずに逃げた「小森純」 | トップページ | コミケ参加者及び来場者に注意! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/48498697

この記事へのトラックバック一覧です: ごれが「元来」の姿、チョンの都「新大久保」は閑古鳥:

« 詐欺で出頭もせずに逃げた「小森純」 | トップページ | コミケ参加者及び来場者に注意! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ