フォト

« こっちのほうが本当の流行語 | トップページ | 黒バス脅迫犯はひょっとして「カスゴミ」の人間か? »

2012年12月 8日 (土)

ついに逮捕者!ペニオクはやはり「詐欺」!

入札ごとに手数料がかかるインターネット競売「ペニーオークション」で、商品を落札できないのに参加者から手数料をだまし取ったとして、京都、大阪両府警は7日、足立浩之容疑者(30)=大阪市浪速区=ら会社員の男3人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。別の事件で起訴されていた、大阪市のIT関連会社役員、鈴木隆介被告(30)=大阪市中央区=も同容疑で再逮捕した。

 他は秋山正雄(43)=大阪市中央区=と金山成貴(40)=兵庫県西宮市=の両容疑者。京都府警によると、ペニーオークションサイトを詐欺容疑で立件するのは全国で初めて。

 4人が運営に関わるペニーオークションのサイトは「ワールドオークション」。逮捕容疑は今年6〜7月ごろ、兵庫県の30代女性2人から、入札のたびに必要な手数料計6000円をだましとった、としている。鈴木容疑者は否認し、他3人は大筋で認めている。

 京都府警によると、出品された商品は大型テレビ、パソコン、ゲーム機など。入札金額は「0円」から始まり、入札ごとに1円ずつ上がる。参加者は入札1回につき、75円で購入した仮想通貨1枚を支払う仕組みだった。

 しかし、自動的に入札を繰り返す「ボット」というシステムが組み込まれていたり、「サクラ」が入札したりするなど、どこまでも値段がつり上がり、結局は落札できないようになっていたとみられる。10年6月以降、手数料収入で月額約400万円の利益があった。

 京都府警は今年10月、スマートフォンの電話帳データぬき取り事件で鈴木容疑者を逮捕していた。【堀智行、花澤茂人】

 ★ペニーオークション インターネット競売の運営側が出品した商品に、参加者が入札を1回するごとに数十円程度の手数料を支払う仕組み。ペニーは英語で「小銭」の意味。多くの場合、入札の開始価格は「0円」で、1円など小額の単位で入札金額が上昇していく。落札できなくても、手数料は返還されない。一部のサイトについては、国民生活センターなどに「サクラ」による落札妨害の疑惑など、消費者相談が寄せられている

毎日jpより引用

サクラbotやサクラを雇って入札妨害とまさに詐欺じゃないかと言われたペニオク、とあるサイトが「サクラ」や「サクラbot」をお漏らししたため閉鎖したサイトも多い。

悪名高い「ダメブロ」こと「ダメーバーブログ」も芸能人を使って詐欺の「ペニオク」を「ステマ」していたのも記憶に新しい。

ついに警察の大鉈が入った悪質詐欺商法の「ペニーオークション」。

« こっちのほうが本当の流行語 | トップページ | 黒バス脅迫犯はひょっとして「カスゴミ」の人間か? »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/48128353

この記事へのトラックバック一覧です: ついに逮捕者!ペニオクはやはり「詐欺」!:

« こっちのほうが本当の流行語 | トップページ | 黒バス脅迫犯はひょっとして「カスゴミ」の人間か? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ