フォト

« ノストラダムスと同じでこれもただの「馬鹿騒ぎ」で終わるようだ。 | トップページ | ウジはさすがだな、チョン関根のニュースを持ってくるとはあきれまくるな。 »

2012年12月20日 (木)

反原発のクソバカ「メロリンQ」こと「山本太郎」を推すクソゲンダイ!

 「正直、驚きました」とは、政治コメンテーターの田崎史郎氏(時事通信社解説委員)。「脱原発」タレントの山本太郎(38)が衆院選で7万票を集め、専門家をビックリさせた。

  自民党の石原伸晃前幹事長の地元、東京8区で出馬。伸晃には及ばず次点で落選となったが、武蔵村山市の人口を超える有権者から支持されたとなれば、大善戦だろう。

  投開票から2日経った18日、自身のツイッターで「絶望した?」とフォロワーに問いかけていたが、「少し休んでまたつながろう。諦めるわけにはいかない。力を貸してね!」と「脱原発」活動続行をにおわせた。やる気はマンマンだ。

  政治評論家の有馬晴海氏が言う。

 「伸晃氏の得票が前回とあまり変わっていないところを見ると、反伸晃票の受け皿となったわけではない。純粋に7万票はタレントとしての“人気票”です。具体的な政策は不明瞭でも、原発問題のオピニオンリーダーとしてメディアに露出し続けたことが、得票につながったと思います」

  なかなかどうして大したタマだ。今回はダメでも、いずれ議員バッジをつける可能性はありそうだ。

 「来年夏の参院選を目指し活動すれば、当選の可能性は高い。全国比例は40万票で1人が受かる。伸晃相手に7万票だから、十分に届くと思います」(有馬氏=前出)

  公示前に突然立ち上げた「新党 今はひとり」。HPのプロフィルでは、「職業・俳優」とうたっている。

  もっとも、こっちの方は下り坂だ。コラムニストの桧山珠美氏は「一度貼られた厄介な“お騒がせタレント”のレッテルを剥がすのは、容易ではない」と続ける。

 「山本太郎を語るのに、全身オイルを塗りたくり海パン一丁で踊りまくる『メロリンQ』の一発芸は外せません。それだけ強烈なインパクトを植え付けてデビューしたが、その後はパッとしない。俳優業で光っていたわけでもありません。それに、たった3カ月で“契約終了”とサラリーマンを投げ出すなど、視聴者からしてみれば、あざといパフォーマンスに見えてしまう。制作側も、政治という色に加え、脱原発を吠えるタレントは使いにくい。10年後に『あの人は今!?』で登場するのが目に浮かびます」

  目指すは参院議員か。

 (日刊ゲンダイ2012年12月19日掲載) ゲンダイネットより引用

はいはい「クソゲンダイ」、マヤ暦じゃないけどお前らと山本太郎がこの世からいなくなってくれ!

日刊ゲンダイと山本太郎死ね!

« ノストラダムスと同じでこれもただの「馬鹿騒ぎ」で終わるようだ。 | トップページ | ウジはさすがだな、チョン関根のニュースを持ってくるとはあきれまくるな。 »

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/48395056

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発のクソバカ「メロリンQ」こと「山本太郎」を推すクソゲンダイ!:

« ノストラダムスと同じでこれもただの「馬鹿騒ぎ」で終わるようだ。 | トップページ | ウジはさすがだな、チョン関根のニュースを持ってくるとはあきれまくるな。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ