フォト

« パチンカスとパチ屋は風前の灯 | トップページ | 人権保護法案で「在日チョン」がいい気になったのか? »

2012年11月 9日 (金)

高嶋VSチョン美元の第一ラウンド、とりあえず高嶋側が勝利!チョンはしつこいから気をつけろ!

俳優の高嶋政伸と妻でモデルの美元の離婚裁判の判決が9日、東京家庭裁判所で開かれ、原告側である高嶋側の主張を認め、離婚を認める判決が言い渡された。裁判費用は被告である美元が負担することも言い渡され、高嶋側の勝訴となった。高嶋と美元は出廷せず、双方の代理人が出廷した。

【写真】「政伸さんに勧められた」プチ整形認めた美元のビフォーアフター

 注目の高さを示すように、この日は離婚裁判では珍しく、異例の抽選形式となり、傍聴券配布が行われた。901号法廷の17席をめぐって295人が並び、競争倍率は17・35倍となった。

 「芸能生活をなげうってでも離婚したい」高嶋と、「離婚の理由が見つからない」と主張する美元。法廷対決で強烈なプライバシーの暴露合戦が繰り広げられた芸能人夫婦の離婚裁判は、とりあえずは訴えを起こした高嶋側の言い分が認められ、“決着”した形となった。しかし、美元側は控訴する可能性もあり、そうなった場合は、裁判のさらなる長期化が予想される。控訴審となるのか、今後の美元側の動きが注目される。

 2人は2008年に結婚したが、10年に別居。離婚調停に入ったが合意に至らず、11年2月に高嶋が離婚訴訟を起こしていた。

 今年6月1日には、2人が法廷で“直接対決”。高嶋は「芸能生活をなげうってでも離婚したい」と離婚を主張、美元は「きょうは顔を見れてうれしかった。まだ夫婦として修復できる」と結婚生活の継続を訴えた。また、夫婦げんかの音声データや美元の異性関係が掲載された雑誌などを互いに証拠として提出。美元が高嶋側に「月109万円の生活費」を求めたことや、逆に美元側が高嶋の情緒不安定を暴露するなど、泥沼の暴露合戦が繰り広げられていた。

ヤフーニュースより引用

高嶋VSチョン美元の離婚裁判第一ラウンド、判定の結果高嶋側の勝利に終わった。

しかしチョンはとことんしつこいので長期戦になるのは覚悟のうえか、この泥仕合も当分終わりそうでない。

« パチンカスとパチ屋は風前の灯 | トップページ | 人権保護法案で「在日チョン」がいい気になったのか? »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47781434

この記事へのトラックバック一覧です: 高嶋VSチョン美元の第一ラウンド、とりあえず高嶋側が勝利!チョンはしつこいから気をつけろ!:

« パチンカスとパチ屋は風前の灯 | トップページ | 人権保護法案で「在日チョン」がいい気になったのか? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ