フォト

« 自分も欲しい!どうやって手に入れたのであろう。 | トップページ | 夢見ヶ崎「道灌祭り」で創価の「集団ストーカー」の店発見! »

2012年11月18日 (日)

反原発と在日はやはり「一蓮托生」、反原発は「非国民」

17日、新宿のK's cinemaで映画『EDEN』初日舞台あいさつが行われ、主演の山本太郎が本作に対する思い入れを熱く語った。山本は満員の観客席を前に「オファーをいただいたのは、ちょうどこの国の発電方法に物申していた時期でして。僕を主役で使うなんて勇気があるなとビックリしました」とあいさつし、会場からは拍手が沸き起こっていた。

 オファーされた当時、山本は反原発運動がきっかけとなって所属事務所を辞めることになったばかり。俳優として苦しい立場に立たされていたが、「台本を何度読んでも、笑って泣けて。この役は誰にも渡したくないと思いました」と述懐。それだけに「1年以上過ぎて、やっと初日を迎えられて胸がいっぱいです」と感無量の表情だった。

 「今、世の中的に見ても、人に優しくない世の中だと思う。この作品でも描かれていますが、特にこの国をコントロールする人たちが目先の利益だけに走ってしまって。結局は弱い人たちにしわ寄せがいく世の中だと思うんです」と切り出した山本は「でも作品を作ることでメッセージは伝わると思う。まず自分を愛さなければいけない。そしてそばにいる人に愛を与えないといけない。この作品にはそんな気持ちが詰まっている。生きているだけで素晴らしいと伝えられる作品になった」とその胸に詰まった思いを一気に語りつくした。

 本作は、『フラガール』『パッチギ!』などを手掛けた元シネカノン代表の李鳳宇が久々にプロデューサーを務めた作品。この日の舞台あいさつにはほかに、中村ゆり、齋賀正和、池原猛、小野賢章、大橋一三、ノリピー、日向丈、木下ほうか、武正晴監督が登壇した。(取材・文:壬生智裕)

映画『EDEN』は新宿K’s cinema、オーディトリウム渋谷ほか全国順次公開中

@Niftyより引用

やはり反原発と在日チョンは一蓮托生で根っこで繋がっていた、反原発馬鹿「山本太郎」を使ったのは在日の監督である。

反原発と在日は繋がってるな。

« 自分も欲しい!どうやって手に入れたのであろう。 | トップページ | 夢見ヶ崎「道灌祭り」で創価の「集団ストーカー」の店発見! »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47882290

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発と在日はやはり「一蓮托生」、反原発は「非国民」:

« 自分も欲しい!どうやって手に入れたのであろう。 | トップページ | 夢見ヶ崎「道灌祭り」で創価の「集団ストーカー」の店発見! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ