フォト

« カスゴミ知事「黒岩」の暴挙!県立図書館廃止! | トップページ | これに参加した反原発の馬鹿どもは寒くても暖房つけるな! »

2012年11月12日 (月)

警察・探偵は創価・在日・極左の集団ストーカーの手先!警察は本当に国民を守ってくれない!

最近の警察のお粗末さは目を覆うばかりだ。特に神奈川県逗子市で起きたストーカーによる女性デザイナー刺殺事件は、その最たるものだろう。昨年6月にストーカーを逮捕した際、署員が逮捕状にあった被害者の結婚後の姓や住所を読み上げてしまい、それが悲劇につながってしまった。(サンケイスポーツ

 被害者が「姓や住所は言わないでほしい」と、警察に要望していたにもかかわらずだ。無神経というか、何も考えていないとしか思えない。犯人は刺殺後自殺している。あの手この手を駆使して、それこそ命がけで追っていたのだろう。そんな犯人のすさまじい執念と知能に、警察の知能が追いつかない時代になってきているのではないか。

 ストーカー問題で、警察は散々ヘマを繰り返したのに何も生かされてはいない。市民を守れきれず被害を受けやすい状況は一向に改善されない。暴力団排除標識を掲げた飲食店関係者が次々と襲われている北九州市もそうだが、自分の命を自分で守らなければならないとは、寂しい時代になったものだ。

今回、犯人は探偵社に依頼して被害者の住所を割り出したという。「お世話になった人を探している」と言われれば探偵社は引き受けても、結果的には人命が奪われる決定的情報になった。ごく一部だろうが、人の弱みを握って、ゆすりのタネにする悪徳業者もいると聞く。規制は難しいが、探偵業のあり方について考え直す時期かもしれない。

 警察も昔ながらのおざなりの対応では、市民は守れないと肝に銘じてほしい。これまでのストーカー事件の捜査方法などを洗い直し、時代に即した対応の仕方を検討して、早急に全国の警察に厳格なマニュアルを示してもらいたい。

MSNニュースより引用

警察はやはり創価・在日・極左の集団ストーカー機関で本当に国民を守る気が無い、それに探偵や近所の子供パトロールまで集団ストーカーに加担してる。

警察はアテにならない、特に「神奈川県警」は集団ストーカーの手先丸出しである。

« カスゴミ知事「黒岩」の暴挙!県立図書館廃止! | トップページ | これに参加した反原発の馬鹿どもは寒くても暖房つけるな! »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47810505

この記事へのトラックバック一覧です: 警察・探偵は創価・在日・極左の集団ストーカーの手先!警察は本当に国民を守ってくれない!:

« カスゴミ知事「黒岩」の暴挙!県立図書館廃止! | トップページ | これに参加した反原発の馬鹿どもは寒くても暖房つけるな! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ