フォト

« ただでさえ「信用ゼロ」なのに余計傷口に塩を塗ったNHKアナの痴漢騒動 | トップページ | まさに「恥の上塗り!」殺人放送局TBSは放送免許取り上げで消滅! »

2012年11月21日 (水)

「四面楚歌」で身動きの取れなくなったウジテレビ

最近、大手広告代理店営業関係者の間で、フジの営業的落ち込みを心配する声が広がっている。

 具体的には上半期('12年4~6月)のスポットCM。それまで毎月平均110億円前後の売り上げがあったが、2割前後も落ちていた。10月も前年同期比で81.9%。下半期('12年10月~'13年3月)が始まって、いきなりこの低い数字だ。そして11月はやや持ち直しているが87%である。

 額では、10月は約90億円、11月が95億円程度と2カ月で35億円の落ち込みである。

 「1カ月平均で約18億円減。これを1年通しだと、ざっと見積もって200億円の減になる。フジの年間経常利益分が吹っ飛ぶ計算になります」(テレビ事情通)

 こうした結果になったのも、フジの視聴率が3位に転落したからだ。

 その原因は3つほどある。まずは体質に“奢り”が感じられる点だ。昨夏、『電凸デモ隊』に包囲され抗議文を突きつられた時の対応がそれ。けんもほろろといった態度にはあきれてしまう。デモ隊も視聴者であることを忘れている。

 フジ製作のヒット映画『海猿』の作者・佐藤秀峰氏もフジの傲慢さには激怒している。映画の宣伝と称し、アポ無しで事務所まで突撃取材を受けた。フジの傍若無人な振る舞いには抗議したそうだ。

 最近では、映画『海猿』関連書籍が契約書なしに販売されていたこともあったという。佐藤氏は「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規の取り引きはしないことにした」と絶縁状を叩きつけたといわれる。

 ソフト制作面でも問題がある。番組面で吉本興業との軋轢が続いていたのだ。フジはフジ・メディア・ホールディングス名義で12.13%の吉本株を所有している筆頭株主。それを背景に7月期クールで、ダウンタウンのようにギャラが高くて低視聴率の『HEY!HEY!HEY』など一連の吉本銘柄番組を切ろうとしたが、吉本の抵抗などで延び延びとした。終わる番組にはあまり金をかけないのがテレビ局。そのためいい加減な出来になり、視聴者離れが加速したとみることができよう。

 そして3番目は、日枝久会長の長期政権である。

 「オーナーでもない人間が24年間も社長・会長として君臨している企業がありますか。日枝会長はほとんど株を持っていない。自分の嫌いな幹部を追い出してワンマン体制を築いてきた。早く辞めて50代前半の大多亮常務あたりに禅譲すべき」(テレビ専門誌記者)

週刊実話より引用

ソースの媒体はアテにならないが、情報によるとウジテレビが視聴率下落でまさに「火の車」になってる。

視聴率下落→フジテレビ消滅になればいいが。

« ただでさえ「信用ゼロ」なのに余計傷口に塩を塗ったNHKアナの痴漢騒動 | トップページ | まさに「恥の上塗り!」殺人放送局TBSは放送免許取り上げで消滅! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47927478

この記事へのトラックバック一覧です: 「四面楚歌」で身動きの取れなくなったウジテレビ:

« ただでさえ「信用ゼロ」なのに余計傷口に塩を塗ったNHKアナの痴漢騒動 | トップページ | まさに「恥の上塗り!」殺人放送局TBSは放送免許取り上げで消滅! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ