フォト

« 政治不信を作り上げたのは「カスゴミ」 | トップページ | これだけ出れば「強制わいせつ」だな、NHKのクソアナウンサー »

2012年11月20日 (火)

在日パチ屋の手先「テリー伊藤」が芦田のクソガキをほめる

テレビ演出家のテリー伊藤が、12月にWOWOWで放送される「大人番組リーグ エンタメ大学」の収録に参加し、集まったクリエイター志願の若者たちを前に、熱い講義を展開した。

 本番組は、異なる12本のオリジナル番組がシリーズ化を懸けて面白さを競う「大人番組リーグ」の企画の一つ。ゲストに招かれた一流エンターテイナーが、自身のエンタメ論をノンストップ・ノーカットで語り尽くすもので、この日はテリーが、若き日の自分を振り返りながらトークを展開した。

 「若い頃は金がなかった。知識がなかった。恐れを知らなかった。でも、やり直しができることが大きな才能だった」というテリーは、自分を含め社員が2人しかいなかった制作会社に転がり込み、アイデアを局に売り込みながら、芸能界を駆け上がっていった頃を述懐。小さな会社だったため、名のあるタレントをなかなか使わせてもらえず、無名のタレントを起用するしかなかったといい、そこで出会ったのが、当時まだ無名だったビートたけしやタモリ、所ジョージだったという。

 その後、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」などの成功を経て、自身もテレビに出るようになったが、テリーは「芸能界ってすごいところだと改めて思うようになった」とコメント。「芸能界はパーティー会場。すごい人がたくさんいる」と真剣なまなざしで語ると、人気子役の芦田愛菜について、「幼いのに、収録でカンペの漢字をすらすらと読んだ。びっくりした。一度覚えた自分のセリフは絶対忘れない。見えないところで勉強しているんだなと思った」と明かすなど、各界の人気者の努力を紹介し「それぞれがたくましく生きている。皆さんもそうあってほしい」と若者に呼び掛けた。

 普段は、めったにこういった企画に参加しないというテリー。それでも「業界に対する恩返し」のためオファーを受けたと話し、若者たち相手に気持ちのこもった講義を展開。「日本人は面白いものを見つける天才。今の人はダメということはない。優秀な人はいつの時代もいる」と現代の若者を前向きに評価し、講義が終了すると、会場は大きな拍手に包まれた。(取材・文 名鹿祥史)

「大人番組リーグ エンタメ大学」はWOWOWプライムにて12月2日 23:00より放送

gooニュースより引用

この在日クソバカ「テリー伊藤」もテレビ人間だから、クソガキ芦田をベタ褒め。

自分は芦田のクソガキが嫌いだから「ビデオカメラ」も当分買い換えない、キヤノンとソニーが芦田を広告に使ってるから不快!

在日チョンのパチ屋の手先、テリー伊藤死ね!

« 政治不信を作り上げたのは「カスゴミ」 | トップページ | これだけ出れば「強制わいせつ」だな、NHKのクソアナウンサー »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47911449

この記事へのトラックバック一覧です: 在日パチ屋の手先「テリー伊藤」が芦田のクソガキをほめる:

« 政治不信を作り上げたのは「カスゴミ」 | トップページ | これだけ出れば「強制わいせつ」だな、NHKのクソアナウンサー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ