フォト

« 戦国選挙で右往左往するバカテレビ | トップページ | 野次や罵声しか飛ばない「民主党」の候補者 »

2012年11月23日 (金)

天災煽りで馬鹿女性週刊誌になった「週プレ」

8月21日に開かれた静岡県防災・原子力学術会議の地震・火山対策分科会で、こんな報告がされていた。もし地震やマグマの噴出によって富士山が「山体崩壊」すれば、約40万人が被災する可能性がある――。

いったい、それだけの被害をもたらす「山体崩壊」とは何なのか。富士山大噴火をシミュレーションし、この山体崩壊と山頂付近に積もった高温堆積物が山麓めがけて駆け下る「岩屑(がんせつ)なだれ」を物語の重要ポイントに据えている小説『富士覚醒』(講談社)の著者・石黒耀氏は、こう説明する。

「遠目にはどっしりと安定して見える富士山は、実際には無理やりに継ぎ足しを重ねた砂礫(されき)の塊同然なのです。斜面によっては頑丈な岩山のように錯覚される部分もありますが、実際には大して厚い岩盤ではなく、細かい噴出物層の上に流出溶岩が板状に固まった非常に不安定なサンドイッチ構造になっています」

優美な姿とは裏腹に、富士山は微妙なバランスのうえに存在しているというのだ。

「そもそも円錐形構造の富士山は力学的に見ても今の高さが限界といわれ、ほんのつかの間、優美な姿を保っているにすぎません。1980年代から西側斜面の『大沢崩れ』が加速化し、西日本から離陸した飛行機上から眺めた富士山は、時間帯によっては光線の加減で完全なM字型の双子山に見えます。しかも火山活動の強まりでマグマの圧力による山体膨張が進み、加えて巨大地震の影響で、ますます亀裂や変形などのダメージが広がるでしょう。次の大噴火が近づいているなら、前回の宝永噴火で出現した山腹噴火口以上に、富士山の姿形は激変すると覚悟しておくべきです」

富士山と同じ円錐型の「コニーデ式火山」が、いともあっけなく大崩壊した例は数えきれない。日本国内では富士山貞観大噴火の約半世紀前に、会津磐梯山(元2千数百メートル)がその運命をたどった。また最近では、1980年5月にアメリカ・ワシントン州のセント・ヘレンズ山頂(元2950メートル)が噴火崩壊し、一夜にして500メートル低い双子山に化けた。

これらふたつの火山よりひと回りもふた回りも大きく育った富士山の場合は、当然ながら山体崩壊の規模もケタ違いに拡大するだろう。日本人は、この超巨大災害の進行をつねにシミュレーションしておく必要がある。

週プレニュースより引用

おいおいいつから「週プレ」は糞女性週刊誌みたいに天災煽りの下種記事しか出さなくなったのか?

肝心要の「AKB48」も飽きられてきたから、天災煽りの下種記事で売るしかないのか?昔の「少年マガジン」のMMRと同様だな、あれだって結局は1999年に「人類滅亡」と言っていたが何も起きなかった。

こんどの「マヤ暦」もまったくのインチキだし出版業界が絶滅寸前になるのがわかるよ、電子が普及したら下種記事もなくなるからな。

« 戦国選挙で右往左往するバカテレビ | トップページ | 野次や罵声しか飛ばない「民主党」の候補者 »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47946488

この記事へのトラックバック一覧です: 天災煽りで馬鹿女性週刊誌になった「週プレ」:

« 戦国選挙で右往左往するバカテレビ | トップページ | 野次や罵声しか飛ばない「民主党」の候補者 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ