フォト

« 警察は在日チョン・創価の犬、不当逮捕・不当職質・集団ストーカーは当たり前。 | トップページ | ソフトがクソだからハードが売れない、家電メーカーはそこをわかってない! »

2012年10月31日 (水)

「主君に忠実であれ」、なぜこの日本では右翼扱いされるのか。

清々(すがすが)しい思いでその場面を見た。28日、東京競馬場で行われた秋の天皇賞の後のことだ。エイシンフラッシュ号でレースを制したミルコ・デムーロ騎手が正面スタンド前で馬を下りた。芝に片ひざをつき、貴賓室の天皇、皇后両陛下に深々と頭を下げたのだ。

 ▼デムーロ騎手はイタリア人である。日本でも大活躍していることは競馬ファンなら誰でも知っている。極めて真面目な親日家なのだそうだ。それにしても、勝利の興奮の中でも両陛下への礼節を忘れないその所作に、こちらが頭を下げたくなった。

 ▼それで思い出したのは、9月に開かれたあるパーティーの席だ。乾杯役をつとめたのは、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・ストークス氏だった。英語で日英の近代史などについて語った後、日本語でこう「音頭」をとった。「天皇陛下バンザイ!」。

 ▼ストークス氏は長くタイムズ紙東京支局長などをつとめた。三島由紀夫と最も親しかった外国特派員としても知られる。日本文化に造詣が深いジャーナリストの思いがけぬ「音頭」だった。会場がいっぺんになごやかな空気に包まれたことは言うまでもない。

 ▼デムーロ騎手にしてもストークス氏にしても自然な形で、両陛下に敬愛の念を示した。それぞれの母国の精神風土がもつ懐の深さだろう。大統領が天皇陛下に謝罪を求めたり、日本文化を理解せず靖国神社参拝を非難したりする。そんな近隣諸国とは雲泥の差がある。

 ▼もっとも逆の立場で、日本人が他国の国王や女王に礼を失せずにすませるのか気になる。教育現場では相変わらず国旗、国歌を無視する教師があとを絶たない。しかも一部のマスコミがこれをあおるようなら、いささか心もとない。

MSNニュースより引用

騎士や騎兵のモットーは「主君に忠実であれ」、わが国日本において主君は両陛下・皇族・皇室である。

自分の所属していた「機甲科」は旧軍隊では「騎兵」の血を引き、旧軍では戦車と馬が活躍していた、現在でも戦車に天馬は機甲科の紋章として自衛隊で引き継がれている。

十字軍で騎兵として活躍した先祖の血を引くデムーロ騎手は騎士の「主君に忠実であれ」を実践した、競馬も軍馬育成のために国が始めたものであり、騎手も騎兵の流れを汲んでいる。

「主君に忠実であれ」この国はクソカスゴミや日教組のおかげで右翼扱いで馬鹿にされる。

« 警察は在日チョン・創価の犬、不当逮捕・不当職質・集団ストーカーは当たり前。 | トップページ | ソフトがクソだからハードが売れない、家電メーカーはそこをわかってない! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

保守・救国活動・反左翼。」カテゴリの記事

保守政治・正論。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47659753

この記事へのトラックバック一覧です: 「主君に忠実であれ」、なぜこの日本では右翼扱いされるのか。:

« 警察は在日チョン・創価の犬、不当逮捕・不当職質・集団ストーカーは当たり前。 | トップページ | ソフトがクソだからハードが売れない、家電メーカーはそこをわかってない! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ