フォト

« 釣堀にビジネスホテル、こんなものまで持っていた「東京電力」!ぶったまげた! | トップページ | 「民主党」の宣伝カーにつばを吐いてやった! 民主党死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! »

2012年10月 3日 (水)

本当の沖縄の声は「シナ」のほうが重要。

1日、沖縄の普天間基地には新たな垂直離着陸機・オスプレイが配備された。

ベル・ヘリコプター社と現ボーイング・ロータークラフト・システムズ社が共同開発した同機体は狭い空間から離陸できるという利点がある一方、数多くの墜落事故も発生しており、配備予定基地の周辺では反対集会などが展開されている。

この日、普天間基地近くに所在する沖縄国際大学からは、着陸するオスプレイを目撃することができた。2004年、基地周辺に位置する同大学で米軍ヘリ墜落事件が起こったことは記憶に新しい。

トピックニュース編集部は、同大学在学中の大城亮さん(18)に取材を行い、オスプレイ配備への感想や学内の雰囲気を尋ねた。

すると、意外なことに、大城さんはオスプレイ配備に賛成の立場だという。

――賛成の理由は?
「オスプレイ配備の理由は普天間のヘリが老朽化したのでよりクオリティーの高い機体に変える目的だと聞いています。今東アジアの領土問題で各国の睨み合いが結構過激になっているのが、目に見えているので、日本と同盟関係のアメリカさんも加えなければ自国の主権と領土領海を守れないのではないかと。なので輸送機としては反対しません」

――周辺住民はどれくらいの割合で賛成、反対にわかれていますか
「正確に把握するのは難しいけど、自分の判断でいうと、実はどっちでもいいという人が大多数だと思います。この問題は普天間の返還につながるので基地の移設や返還に敏感な県民には敏感な問題。メディアでは被害者意識をベースに、過剰に反対する点があります。領海進入した中国には、なんで関心があまりいかないのか」

――学内の雰囲気は?
「皆がどう反応するか興味があったので、サークルの人たちにも『オスプレイみた?』と聞いてみましたが『うん?オスプレイ?』『あ、きたか』ときて、報道されているよりも身の周りの反応は静かなほうでした」

トピックニュースより引用

オスプレイ反対で騒いでるのは左巻きの馬鹿の「プロ市民」たち、沖縄の人たちは「オスプレイ」より「シナの領海侵犯」のほうが関心が高い。

尖閣は沖縄と目と鼻の先である、尖閣がやられたら自分達もやられると危機意識が高い、そのために「オスプレイ」配備である。

反対派の馬鹿とプロ市民だけが沖縄じゃない!

オスプレイを「陸上自衛隊」にも配備してほしい。

« 釣堀にビジネスホテル、こんなものまで持っていた「東京電力」!ぶったまげた! | トップページ | 「民主党」の宣伝カーにつばを吐いてやった! 民主党死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47300790

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の沖縄の声は「シナ」のほうが重要。:

« 釣堀にビジネスホテル、こんなものまで持っていた「東京電力」!ぶったまげた! | トップページ | 「民主党」の宣伝カーにつばを吐いてやった! 民主党死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ