フォト

« 「民主党」の宣伝カーにつばを吐いてやった! 民主党死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 口では「平和・福祉・弱者の味方」、実は弱者虐待の福祉施設の実態 »

2012年10月 4日 (木)

白の入閣で怒る「幸福実現党」、一番マトモな政党は「たちあがれ日本」と「幸福実現党」だけか?

[HRPニュースファイル415]日本に帰化しても反日を主張する白眞勲氏の内閣副大臣入閣は看過できない 

野田政権第三次内閣改造が行われました。

民主党政権には、支持母体に旧社会党系の議員や日本人に帰化した方もたくさんいます。そこで、今回の改造で注目するべきは、日韓関係がこじれている中で、内閣副大臣に任命された白眞勲(はく・しんくん)氏です。

白氏の父親は韓国人、母親は日本人です。ただ、白氏自身は日本人としての立場の発言は少なく、韓国に有利となる言動が目につきます。

例えば、白氏は2003年に日本に帰化していますが、同年に「我々韓国人は、『東海』を『日本海』と呼べない」(朝鮮日報)と発言しています。彼が韓国人であればある程度許されますが、既に日本人となった段階で言うべき言葉ではありません。

それ以外にも、外国人参政権導入には積極的な態度をとっており、参政権付与が進まないのは「日本の偏狭なナショナリズム」が原因だとする意見の持ち主です。

このように、今後も白氏は韓国政府の意見を代弁していくことが十分に考えられます。

野田政権は、日韓関係の悪化を阻止するために白氏を起用したのかもしれません。ただ、竹島問題や従軍慰安婦問題で揺れている最中に、反日思想の持ち主を内閣副大臣に任命したことは愚かです。

もし、野田政権が日韓関係を考えているならば、やはり日韓の歴史問題に通じている人材を採用するべきです。

あくまでも仮定ですが、例えば日本に帰化して言論活動をしている呉善花(オン・ソンファ)女史のような方を起用するのなら理解できます。

彼女は、もともと反日教育を受けていた韓国人ですが、日本に留学して母国での反日教育の間違いに気づいた方です。著書も多数で、『私は、いかにして日本信徒になったか』(ワック社)や『「反日韓国」に未来はない』(小学館文庫)などを記しています。

少なくとも、日韓関係に真摯に向かい合うならば、彼女のような存在をブレインにするか民間登用するという手段をとるべきです。

最近、台湾出身の金美齢女史も同じ内容の著書を出していますし、中国出身の石平(せき・へい)氏などは日本文化に対する尊敬と敬愛の精神を持ち続け、積極的な国防論を展開しています。

このように、帰化された方の中には立派に日本人として生きている方がいます。ですので、帰化人が国政や地方議員になることは完全否定しません。

ただし、議員になるのなら、たとえ母国と紛争や戦争状態になっても日本のために戦うことを宣誓できる方でないと安全保障は担保できません。

米国では、帰化する際にOath of Allegiance(忠誠の誓い)があります。移民が帰化する際、母国への忠誠は放棄することや、法律に定めた場合、兵役の従事することを約束している点は注目に値します。

一方、日本人への帰化申請手続きは米国と比較して簡素であるようですが、近年は帰化する方自体が少なくなっているようです。

注)法務省によれば、平成23年の帰化申請数は11,008人。帰化許可者数は10,359(内、朝鮮人の比率は55%の5,656人、中国人は31%の3,259人。つまり、中国、朝鮮人で86%を占める)人となっているが、平成14年から見ると、前者は2千人程度、後者は4千人程度減少している。

それはともかく、帰化を扱う国籍法では、在留期間の長さや両親のどちらかが日本人であること、素行が善良で日本語能力があれば帰化申請ができます。そこで注目するべきは、国籍法五条の六に明記されている論点です。

つまり、日本国憲法を破壊する行動や企てをしているかどうか、そのような論点を主張する政党に所属して政治活動をしているかが問われます。ただ、これだけでは、素性は分からず、護憲派であるので左派勢力は憲法護持者になってしまい、問題視されません。

これを放置するとどうなるでしょうか?

日本には、スパイや工作員と呼ばれる者が多数入り込んでいるとも言われます。今後は平和勢力を装って善良な市民のふりをした工作員が日本に帰化し、政界や財界、教育界に入って日本の内部から国家解体作業が行われます。

国内における反日勢力の力も侮りがたく、外交や安全保障の強化、歴史教育の見直しを掲げる議員や政党、政治団体を意図的に貶める活動が横行しています。白氏が工作員とは言いませんが、依然として反日的発言をしている人が入閣している以上、看過はできません。

幸福実現党は、移民に対して開かれた政策提言をしていますが、手放しで賛成をしているわけではありません。外国人参政権付与や人権侵害救済法案には反対です。

特に昨今は、上記の統計資料にある通り、帰化される方の母国の9割近くが歴史認識問題や領土問題を抱えています。また、彼らは外国人参政権の付与や人権侵害救済法案の成立を推進し、民主党やその支持母体にも影響を与えています。

よって、今後は中国人や韓国人の帰化に際しては思想チェックと日本人になることへの宣誓の厳格化は必要だと考えます。

白氏が、「日本人」として「日本のために」働いて頂くことを願う次第ですが、これまでの言動を見る限り期待はできません。従って、野田政権の早期退陣と民主党政権を終焉させないと、同じことが起こり続けます。

加えて、内閣副大臣の存在は国民の目に見えにくい以上、私たち国民は、細心の注意を払わねばなりません。(文責:中野雄太)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp

HPRメルマガより引用

幸福実現党が「白」の入閣に物凄い不快感と不満を早速述べた、自民党も「安倍さん」が総裁になってかなりよくなった、あとは「たちあがれ日本」と「幸福実現党」の保守ががんばって政権をとってくれればよい。

自民・たちあがれ・幸福の連立が日本のためにはいい。

« 「民主党」の宣伝カーにつばを吐いてやった! 民主党死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 口では「平和・福祉・弱者の味方」、実は弱者虐待の福祉施設の実態 »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47305536

この記事へのトラックバック一覧です: 白の入閣で怒る「幸福実現党」、一番マトモな政党は「たちあがれ日本」と「幸福実現党」だけか?:

« 「民主党」の宣伝カーにつばを吐いてやった! 民主党死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 口では「平和・福祉・弱者の味方」、実は弱者虐待の福祉施設の実態 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ