フォト

« 雑司が谷 鬼子母神のカルトポスター | トップページ | 遠隔操作ウイルスよる「社会的抹殺」 神奈川県警の失態がまた明らかに! »

2012年10月22日 (月)

大新聞 森口に騙され大騒動 記者は涙目でザマァ!メシウマ!

山中伸弥教授のノーベル賞受賞を吹き飛ばした森口尚史氏にまつわる「世紀の誤報」騒動。経歴、資格、研究内容……、すべて「ちょっと調べれば分かる」レベルのデマカセだらけだったのに、大新聞の専門記者がコロリとダマされてしまったのだ。

 この世紀の大誤報は、いつの間にか大新聞同士の醜い争いに発展している。

 読売の大失策を見て、ここぞとばかりに叩いたのは朝日だ。10月13日付夕刊の〈読売新聞「肩書確認せぬまま」共同通信「速報重視のあまり」iPS誤報〉との見出しが付けられた記事では、〈(朝日は)森口氏に取材していたが、信頼性が低いと判断し、記事化を見送っている〉と自慢げに書き、大石泰彦・青山学院大教授の「研究者の肩書はもちろん、学会での評価を確認するのは当たり前のことだ」という言葉で、取材の詰めが甘かったことを指摘している。

 朝日新聞系列のテレビ朝日も、この件については援護射撃かのように報道を繰り返した。

 当の読売新聞は、誤報の検証記事として、〈森口氏の記事 本紙6本掲載〉(10月14日付)を掲載し、2006年2月から2012年7月までに載せた森口氏の記事のうち5本で「米ハーバード大」という詐称の肩書きを鵜呑みにしていたことを認めている。

 こういった真摯な検証は当然行なわれるべきだが、この記事からは別の狙いが見てとれる。その後、日経が8本、毎日が5本、朝日が2本と、森口氏発の科学記事を各紙がいくつ掲載していたか、をわざわざ説明しているのである。

 この3紙はいずれも今回の森口氏のiPS臨床応用に関する報道を見送り、読売を誤報と断じた「勝ち組」である。「誤報はうちだけじゃない」と言い逃れをしているようにしか見えない。

 誤報の検証とはあくまで表向きで、その内実は大新聞同士の争いに過ぎないのではないか。

※週刊ポスト2012年11月2日号 NEWポストセブンより引用

まさにこの際「大新聞」は「日刊ゲンダイ」も巻き込んで全部潰れてもらって結構である、森口の大噓にコロリ騙された馬鹿記者ドモの涙目が目に浮かぶ。

ザマァ!メシウマである。

クソゲンダイにまで馬鹿にされ、もはや「キャンプの薪の焚き付け」「犬の糞取り」にしか役に立たなくなった大新聞。

« 雑司が谷 鬼子母神のカルトポスター | トップページ | 遠隔操作ウイルスよる「社会的抹殺」 神奈川県警の失態がまた明らかに! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47543902

この記事へのトラックバック一覧です: 大新聞 森口に騙され大騒動 記者は涙目でザマァ!メシウマ!:

« 雑司が谷 鬼子母神のカルトポスター | トップページ | 遠隔操作ウイルスよる「社会的抹殺」 神奈川県警の失態がまた明らかに! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ