フォト

« アニメを死守する「テレビ東京」 | トップページ | NHKは必要か?その岐路に立たされてるNHK »

2012年10月 2日 (火)

シーテックでも「いらない子」扱いのテレビ

アジア最大級の家電・IT(情報技術)の展示会「CEATEC(シーテック)JAPAN2012」が2日、千葉市の幕張メッセで開幕した。昨年より38社多い国内外の624社・団体が出展。国内家電メーカーがスマートフォン(高機能携帯電話)と連携する「スマート家電」を中心に据える“脱テレビ”の様相を強めるなど、消費者の生活を劇的に変えるシステム開発で火花を散らす。

 シーテックは毎年秋の開催で13回目。3~6日に一般公開される。

 例年、日本企業のほか、台湾や中国メーカーが多く出展するが、今回は中国企業22社がキャンセルした。日本企業関係者からは「シーテックでは前代未聞の事態。今後、中国で日本製品の不買運動などがあったら大変」と不安な声が上がった。

 従来はテレビ製品が主役だったシーテックだが、今回は各社の展示内容が例年に比べ大きく変化。ソニーや東芝はフルハイビジョンの約4倍の画素数を持つ「4K」規格に対応した高精細テレビを出展したものの、日立製作所が初めてテレビの展示を見送った。

 関西の大手家電メーカーも消費者の生活をサポートするシステムを強調する展示内容となった。パナソニックは、家電製品ごとの電力使用状況を、スマホやタブレット端末で確認したり、外からの遠隔操作を可能にする技術を公開した。

 経営不振のシャープも、関西弁などで会話する円盤型のロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」がエアコンなどを操作する新技術を初公開。「単品の製品を出展してもだめ。生活を効果的にプロデュースできる技術を披露しなければ業界から置いていかれる」(同社関係者)と強調する。

 自動車業界からはトヨタ自動車が初めて出展し、スマホを使い、車内から音声で自宅の施錠や空調の設定ができる電気自動車(EV)を公開した。「人・車・家をつなげる新システム」としてPRするが、同社関係者は「家電メーカーが質の高いスマートライフを提供するなら、自動車業界も乗り遅れてはならない」と危機感をあらわにする。

 家電メーカーのテレビ事脱却が相次ぎ、次の“稼ぎ頭”として注目されるスマートライフビジネス。今後、さらなる競争が激化しそうだ

ライブドアニュースより引用

家電・ITの国際見本市のシーテック、テレビはかつての花形を飾れずもはや「いらない子」になってしまった、目玉はスマホやタブレットPCによるスマートライフに移った。

実際テレビは「ソフト(テレビ番組)」がくそで、こんなもん誰が買うか状態である
作ってるほうも花形からお荷物に転落、パナやソニー・シャープの没落の原因にもなってる。

家電量販店でもテレビはお荷物、映画やゲームの画面用にしか役に立たない。

スマホ・タブレット・ウルトラモバイルの中心のスマートライフが鍵か

« アニメを死守する「テレビ東京」 | トップページ | NHKは必要か?その岐路に立たされてるNHK »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47290388

この記事へのトラックバック一覧です: シーテックでも「いらない子」扱いのテレビ:

« アニメを死守する「テレビ東京」 | トップページ | NHKは必要か?その岐路に立たされてるNHK »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ