フォト

« くらげのマーク候補者は落選させよう! | トップページ | 自然遊び教室 三ッ池公園 »

2012年10月15日 (月)

プレジデントが露骨な「YouTube」潰し、時代と逆行する馬鹿雑誌に成り下がった「プレジデント」

著作権--YouTubeを見るだけで捕まる恐れがある- プレジデントオンライン(2012年10月15日08時30分)

見逃したドラマをYouTubeなどの動画投稿サイトで視聴したことはないだろうか。心当たりがあるなら、今後は気をつけたほうがいい。ドラマを動画投稿サイトにアップロードすることはもちろん、視聴することも著作権侵害として捕まる恐れがあるからだ。

まず違法アップロードから見ていこう。著作権は著作権者に与えられた知的財産権の一種で、さまざまな権利から構成されている。ドラマなどのコンテンツを著作権者の許諾なく動画投稿サイトに投稿すれば、複製権(著作権法第21条)の侵害に。不特定多数の人が視聴できる状態にすれば、送信可能化権(同法第23条1項)の侵害になる。

違法アップロードはしていないという人も、油断してはいけない。じつはYouTubeに違法にアップロードされた動画へのリンクを張るのも、著作権の侵害行為にあたる可能性がある。最近の動画投稿サイトはSNSと連携して簡単にリンクを張ることができるが、それによってアクセスが増えれば公衆送信権(同法第23条1項)の侵害を幇助したとして罪に問われる可能性があるのだ。

ただし、違法性が高くても警察が動くかどうかは別の話。著作権侵害は、著作権者が告訴しないかぎり刑事罰に問えない親告罪。通常は著作権者から通報を受けた動画投稿サイトが削除するなどの対応をするため、告訴に至らない場合がほとんどだ。

とはいえ、過去にはYouTubeへの違法アップロードで逮捕された例もある。2010年6月には『週刊少年ジャンプ』の中身をデジカメで撮影して投稿した男子中学生が逮捕。11年5月には、アイドルグループ「嵐」のDVD映像やバラエティー番組をYouTube上に公開した男性が逮捕された。いったいどのレベルになると警察が動き出すのか。佐藤大和弁護士は次のように語る。

「逮捕されるのは、かなり悪質なケース。何度も削除されたのにしつこくアップを続けたり、コンテンツの発売以前に内容を公開していれば、著作権者は黙っていないし、警察も動かざるをえなくなります」

もう一つ、気になるのは視聴する側の違法性だ。じつは10月1日から改正著作権法が施行された。違法にアップロードされた著作物と知りながらダウンロードすることは、従来から違法とされてきた。しかし、これまでは罰則がないため事実上、野放しに。そこで法改正して、違法ダウンロードに2年以下の懲役または200万円以下の罰金を科すことになったのだ。

YouTubeはストリーミングなので、そもそも違法ダウンロードにあたらないという意見もある。ただ、ストリーミングは「プログレッシブダウンロード」とも呼ばれ、視聴する動画はパソコン内の一時フォルダに保存される。厳密にいえば、ダウンロードといえなくもない。

「ストリーミングはダウンロードにあたらないという見解が主流で、文化庁は問題ないと言っていますが、学者や弁護士の中ではダウンロードにあたるという見解もあります。私自身は、ダウンロードにあたらないのではないかと考えております」

YouTubeへの違法アップロードさえ逮捕例が少ない現状では、視聴によって逮捕されるリスクは低いだろう。ただ、著作権侵害が横行する状態が続けば、見せしめ的に逮捕が行われる可能性もある。そのような状況を招かないように、ユーザーには著作権への高い意識を持ってもらいたいものだ。

(答えていただいた人 アディーレ法律事務所 弁護士 佐藤大和 文=ジャーナリスト 村上 敬)

プレジデントオンラインより引用

悪質な「YouTube]潰しである、プレジデントと言えば会社の上級幹部が読んでる雑誌である自衛隊で言うなら左官・将官クラスで上級将校に値する。

しかしこのような人が時代に逆行するような事を信じる事自体その会社は確実「ブラック」である、紙媒体・伝票・帳簿とネットやクラウドと使い分ける事が大事だ。

大手女性下着メーカーの「ワコール」はYouTubeにチャンネルを持って自社製品の宣伝をしてる、若い人たちがテレビよりネットを見てる、そんな現状に背く会社はもはや淘汰される。

雑誌も「電子書籍」の波が迫っており自分達が淘汰されるから「プレジデント」すらネットのネガキャンしかかけなくなった。

« くらげのマーク候補者は落選させよう! | トップページ | 自然遊び教室 三ッ池公園 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47458074

この記事へのトラックバック一覧です: プレジデントが露骨な「YouTube」潰し、時代と逆行する馬鹿雑誌に成り下がった「プレジデント」:

« くらげのマーク候補者は落選させよう! | トップページ | 自然遊び教室 三ッ池公園 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ