フォト

« 在日はスルーして二次元とヲタ叩きに集中するカスゴミ!許せん! | トップページ | オスプレイ反対集会はレジャー? »

2012年9月 9日 (日)

週刊女性こそ消滅しろ!地震の恐怖で煽るくそ女性雑誌死ね!死ね!死ね!死ね!

「高さ1メートルの津波でも、足元に迫ってきたら避難は難しいでしょう。津波に巻き込まれた場合、死亡率が限りなく100%に近くなるという国の発表は、あながち間違っていません」と話すのは、津波に詳しい名古屋大学大学院工学研究科の川崎浩司准教授(42)。

8月29日、政府は南海トラフ巨大地震の被害想定を発表した。南海トラフの”トラフ”とは海底の長細い窪んだ地形のこと。南海トラフはフィリピン海プレート(岩板)がユーラシアプレートに沈み込む場所である。ひずみの蓄積が限界に達すると、陸側のプレートが跳ね上がり、約100~150年間隔で、東海、東南海、南海地震を繰り返す。

大地震が30年以内に起きる確率は東海で88%、東南海で70%、南海では60%あるとも発表された。驚くべきはその死者・行方不明者数で、巨大な津波も発生した場合、最大で東日本大震災の約17倍、32万人超もが犠牲になると想定された。

静岡県御前崎市の浜岡原発は最大19メートルの津波に襲われると予測されている。
現在建設中の防波壁は18メートルしかなく、そもそも津波の破壊力は防波壁を砕いてしまうほどとも考えられている。

中部電力は、原子炉や使用済み燃料プールの安全維持に問題はないとの報告をまとめている。しかし同原発には、運転停止中の現在でも発熱の続く使用済み燃料が多く残っている。

「浜岡原発から200キロ圏内には、静岡や名古屋、東京も入ってしまいます。300キロなら、大阪や京都、神戸も入ります。福島第一原発のように、万が一メルトダウン事故が起これば、偏西風に乗った放射性物質は、そのまま東京上空までやってくることになるでしょう」(防災ジャーナリスト)

また、防災問題に詳しい公益財団法人市民防災研究所の伊藤英司さんは、次のように警鐘を鳴らす。

「東海道新幹線や東名高速道路が不通で往来が分断されると、支援が被災した地域に届きづらくなります。現地の自家用車やトラックもガソリン不足で使えなくなるでしょう。おそらくヘリコプターなどを使った空路での支援しかできなくなります。しかし、あまりにも広域となると、支援の手が届くまでに相当の時間がかかってしまう可能性が高いでしょう」

“日本沈没”の地獄絵図は、映画だけの話ではなかったようだ。

週刊女性より引用

バ韓国が通用しない糞女性週刊誌連中は「東海地震」「南海道地震」「首都圏直下型地震」の恐怖であおり始めた。

くそ大学教授と馬鹿科学者が余計に煽り立てるからおかしくなる。

芸能・バ韓国を失ったのだから糞女性雑誌は消えるべきだ!

週刊女性死ね!死ね!死ね!死ね!

« 在日はスルーして二次元とヲタ叩きに集中するカスゴミ!許せん! | トップページ | オスプレイ反対集会はレジャー? »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47010976

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊女性こそ消滅しろ!地震の恐怖で煽るくそ女性雑誌死ね!死ね!死ね!死ね!:

« 在日はスルーして二次元とヲタ叩きに集中するカスゴミ!許せん! | トップページ | オスプレイ反対集会はレジャー? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ