フォト

« 迷惑をかける極左プロ市民 | トップページ | キムチ悪い! この時期にバ韓国旅行?まさにKYだな。 »

2012年9月14日 (金)

盗撮魔はプロの名誉にかけて見つけ次第「暴力・殺害」「機材破壊」させていただきます!

文化祭に忍び込んで女子高生を盗撮していた男2人が逮捕された。

 神奈川県警に9日、県迷惑行為防止条例違反などの疑いで捕まったのは、川崎市役所職員の杉本直紀容疑者(36)と、みずほ信託銀行員の藤本英伸容疑者(43)。2人は9日正午過ぎ、相模原市内の県立高校の文化祭で、チアダンスをしていた女子高生の姿をデジタルカメラで盗撮した疑いだ。

「舞台のそばで演技を見ていた顧問の26歳女性教師が、執拗(しつよう)に太もものアップを狙う2人の不審な行動に気づいた。いったん職員室に連行して画像を確認した上で、すぐに警察に通報しました」(県警事情通)

 2人は別の場所で盗撮中に意気投合した“盗撮仲間”。この日は藤本が杉本を文化祭に誘ったという。銀行マンが市職員を誘って盗撮にノコノコ出掛けるなんて世も末だが、こうした盗撮グループは無数にあるという。風俗ジャーナリストの村上行夫氏はこう言う。

「ネットで盗撮情報を交換し、知り合うケースがほとんどです。1グループで、4~30人ぐらいの規模でしょう。盗撮は夢中になり過ぎると捕まる。そこで交代で見張り役を務めるなど組織化された盗撮グループもあります」

 狙われやすいのが、文化祭や体育祭だ。

「ひと昔前は、競泳やチアダンスの大会に盗撮魔が殺到したが、カメラを持ち込む手続きが難しくなり、撮影場所の監視も厳しくなった。代わって文化祭や体育祭が新たな“盗撮ポイント”になっているのです。原則として誰でも出入り自由だし、舞台演技や仲間の応援に夢中で、怪しい動きに気付かない女の子が少なくない。盗撮グループはそんな女の子にそっと近づき、撮影チャンスをうかがうのです」(警察関係者)

 前出の村上氏によると、盗撮グループは、警備員の有無や撮影ポイントなどを学校別に解説した“盗撮の赤本”も作っていて、見つけるのは簡単ではないらしい。顧問の女性教師が一枚上手だったということか。

(日刊ゲンダイ2012年9月11日掲載) ゲンダイネットより引用

こちらも写真を撮って生業にしてる身、自分の職業の防衛のためこのような「盗撮魔」はカメラマンの名誉のため、発見しだい「暴力行為・傷害・殺害・機材破壊」させていただきます。

もし発見されてこのような行為を受けても、あなたの責任である!

« 迷惑をかける極左プロ市民 | トップページ | キムチ悪い! この時期にバ韓国旅行?まさにKYだな。 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

表現規制・児童ポルノ・関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47071038

この記事へのトラックバック一覧です: 盗撮魔はプロの名誉にかけて見つけ次第「暴力・殺害」「機材破壊」させていただきます!:

« 迷惑をかける極左プロ市民 | トップページ | キムチ悪い! この時期にバ韓国旅行?まさにKYだな。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ