フォト

« 非国民の反日映画監督「岩井俊二」死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | シナは「大川隆法」の暗殺を企ててるようだ。 »

2012年9月20日 (木)

反原発の馬鹿を掲載する左傾タウン紙の「タウンニュース」

○…「原発なくす鶴見の会・準備会」の事務局長を務める。12日には準備会主催の原発シンポジウムを開いた。昨年の12月と3月11日には原発反対のパレードも鶴見駅周辺で行った。「乳母車を押して参加してくれた若いお母さんもいた。継続して活動を続ける必要性を強く感じた」。パレードの実行委員会が準備会の前身となった。「今の準備会は既存の団体が集まった形だが、団体の枠を超えて、一般の人をもっと呼び込みたい」と意気込む。

 ○・・・「30歳すぎまでアルバイトをしていた。やりたいことを目指してはあきらめてを繰り返した」と振り返る。やりたかったことの一つはドイツ語の通訳。高校卒業後、夜間大学に通い、アルバイト先の先輩がロシア語に堪能だったことに憧れたのだという。しかし、5、6年語学学校に通うも挫折。その後は小学校教師を目指したが、なかなか試験に受からずまたも挫折。知人の紹介を受けて医療業界に入り、現在は鶴見区を中心に病院や診療所を展開する(公財)横浜勤労者福祉協会に落ち着いた。地域医療を支える今の仕事を「メシのためだけではできないこと」だと誇る。

 ○・・・休日の楽しみは高校生の息子と映画を見に行くこと。「小さい頃から一緒に見ている。寅さんとか釣りバカとか。10代でそんな映画を観ている子は珍しいかも」。月に1回は家族会議を開く。「それぞれ生活の中で気がついたことを伝え、提案する場。会議が終わった後は家族で血圧測定をするのも習慣」

 ○・・・「福島第一原発の事故が起こるまで、原発が日本に54基もあったなんて知らなかった。自分への責任を感じ、反省した。知ろう、行動しようという気持ちが大事だと思う」と語る。これまでに3回ほど被災地を視察した。南相馬など放射能被害の大きい地域にもいずれは訪れていきたいという。準備会の責任者を退いたとしても、社会へのアクションはやめない覚悟だ。

鶴見公会堂で9月12日、原発なくす鶴見の会・準備会(加藤光義事務局長=人物風土記で紹介)主催の原発シンポジウムがあった。

 当日は区民ら約65人が参加。シンポジストとして南相馬市在住で、現在は川崎市高津区に避難している山崎健一さんや、川崎協同ふじさきクリニックの竹内啓哉副所長、横浜市会議員の古谷靖彦氏の3人が講演。福島の現状や放射能による健康被害、エネルギー政策などについて語り、参加者と意見交換を行った。

 山崎さんは、「生徒数が半減したり、志望校を断念する生徒や、2、3校兼務する教員など、福島で教育の破壊が進んでいる。腹立たしいこと」と憤っていた。

 今後の開催について同会は「未定だが、検討していく」とし、加藤事務局長は「不安に思っているお母さんなど、多くの人に参加してほしい」と話していた。

タウンニュース鶴見版より引用

朝日新聞や東京新聞並みに左傾化タウン紙「タウンニュース」、シナ・バ韓国・反原発までネタになれば乗せる有害なおぞましいタウン紙である。

特に「鶴見」は「東京電力 横浜火力発電所」を抱えており言い方を悪くすれば東電の城下町である、鶴見には数多くの東電関係者が住んでおり、不法在留してる「シナ」「チョン」より重要である。

タウンニュースも左翼の広報誌になったのか?

« 非国民の反日映画監督「岩井俊二」死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | シナは「大川隆法」の暗殺を企ててるようだ。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47145332

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発の馬鹿を掲載する左傾タウン紙の「タウンニュース」:

« 非国民の反日映画監督「岩井俊二」死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | シナは「大川隆法」の暗殺を企ててるようだ。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ