フォト

« 詐欺の主犯格の慶応大生、只今海外逃亡中! | トップページ | 顕正会、AKBヲタでは失敗した模様だ »

2012年9月25日 (火)

流石は「京浜急行」、電車は赤いが乗客は守る。

きょう25日(2012年9月)午前零時ごろ、神奈川県横須賀市で京浜急行の特急電車が線路に崩れ落ちた土砂に突っ込んで先頭車両を含む4両が脱線し、10人が重軽傷を負った。運転手は土砂に気づきブレーキをかけたが、間に合わなかったといっている。

大惨事防いだ重い先頭車両。49年前の教訓

リポーターの岸本哲也が現場から報告する。事故が起きたのは京浜急行追浜―京急田浦駅間のトンネルの手前で、電車は1両目から4両目までが脱線した。作業員が線路にたまった土砂の排出に取り組んでいるが、手作業のため復旧の見通しは立っていない。当時、現場付近は局地的な豪雨で土砂災害警戒情報が出ていた。

電車は脱線したが、振り幅はそれほど大きくなく、横倒しになったりした様子もない。アナウンサーの笠井信輔はこの点について、「今回の事故のポイントとしては、先頭車両がモーター車であったことがあげられます」という。「実は49年前の昭和38年に160人の死者を出す脱線事故がありました。今のJR横須賀線の事故に巻き込まれるような形で先頭車両が大きく脱線、大惨事となりました」と伝える。この事故で、京急は先頭車両が軽いから大きく脱線したとの教訓を得て、先頭車両を重量のあるモーター車にすることにしたのだという

J-CAST とくダネより引用

京急が先頭が「クモハ(デハ)」にこだわった訳がわかる、過去の大事故であるこれを苦い教訓とした。

いつもは「ハマの赤いあんちくしょう」とか「ハマのジェットコースター」とマニアの間では定評で馬鹿みたいな速さで飛ばす!

電車は赤いが乗客は守る!同じ赤でも大違い。

« 詐欺の主犯格の慶応大生、只今海外逃亡中! | トップページ | 顕正会、AKBヲタでは失敗した模様だ »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47205979

この記事へのトラックバック一覧です: 流石は「京浜急行」、電車は赤いが乗客は守る。:

« 詐欺の主犯格の慶応大生、只今海外逃亡中! | トップページ | 顕正会、AKBヲタでは失敗した模様だ »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ