フォト

« CM量1位でも減益!不買の手を緩めるな! | トップページ | いくら飼い馴らされたとはいえ「エテ公」は所詮エテ公。 »

2012年9月 7日 (金)

神奈川でも「クマー!」注意せよ。

秋の丹沢登山シーズンを目前に、環境保全課がクマなどの野生動物に対する注意を呼び掛けている。

 現在丹沢地域では、30〜50頭ほどのツキノワグマの生息が推測されている。クマは通常厚木市、秦野市、伊勢原市、清川村にまたがる山奥に生息しているが、冬眠前の9月〜12月にかけて食糧を求めて人里まで下りてくることが多い。

 秦野市の地理特性として山と住宅地の距離が比較的近いことから、登山客に限らず野生動物との遭遇率が高いと言われる。中でも特に山と接する寺山など東部の市境で目撃例が多い。

 今年は既に8月14日に蓑毛浅間山林道の山中でツキノワグマ1頭の目撃情報が出ている。目撃されたクマは現在山奥に戻ったと報告されたが、8月中にクマの目撃例が出ることは、秦野市に限らず県内でも稀なケースだという。

 同課は、ハイカーの残したゴミや、家庭菜園の収穫残しなど「予測しない餌付け」によってクマが里の味を覚える危険を指摘。「登山のゴミは必ず持ち帰り、鈴やラジオの音などでクマとの遭遇を避けて」と協力を呼び掛けている。

タウンニュース秦野版より引用

箱根と並んで神奈川県を代表する山地「丹沢」でもクマーの目撃が報告されてる、これから「きのこ採集」など秋の山シーズンたけなわ。

北海道・本州始め「登山」「山菜・きのこ狩り」「ハイキング」などで山に入る方々は「スズメバチ」「マムシ」「クマー」に注意しましょう。

タウンニュースもバ韓国ゴリ押しじゃなくこのような役に立つ記事を載せて欲しい。

« CM量1位でも減益!不買の手を緩めるな! | トップページ | いくら飼い馴らされたとはいえ「エテ公」は所詮エテ公。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46984400

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川でも「クマー!」注意せよ。:

« CM量1位でも減益!不買の手を緩めるな! | トップページ | いくら飼い馴らされたとはいえ「エテ公」は所詮エテ公。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ