フォト

« 京浜急行の事故を捏造して近隣に迷惑をかける「フジテレビ」 フジテレビ死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | ウジサンケイの京急に対する醜い仕打ち フジサンケイ死ね!死ね!死ね!死ね! »

2012年9月28日 (金)

神奈川新聞まで京浜急行叩きか?ローカル新聞も駄目だ!

豪雨の中の脱線事故から55時間半。土砂崩れでストップしていた京急線が27日午前、ようやく全線で運転を再開した。復旧作業が難航し、再開時期が二転三転した末の“再出発”。待ち望んだ生活の足の復旧に利用客は安堵(あんど)する一方、沿線には傾斜地が多いだけに再発防止を強く求める声が相次いだ。

運転再開から30分余りたった午前8時すぎ、運休区間だった追浜駅では、通勤・通学客で混雑する事故前の風景が戻った。駅係員が改札口に立ち、「運転を再開しました」と大声で呼び掛け。「安心した。やれやれ、という感じ」。下り電車で横須賀中央駅に向かう会社員男性(61)は笑顔を見せ、足早にホームに向かった。

運転は再開したが、ダイヤは夕刻まで乱れた。事故現場周辺で行われる速度規制の影響だ。

追浜駅を出た下り電車が事故現場に近づくと、「最徐行で運転します」のアナウンス。軽快な走行から徐々にスピードが落ち、全座席が埋まる程度の混み具合だった車内では、乗客の視線が窓の外に集中した。

現場を背に座っていた乗客は一様に首をひねって土砂が崩れた斜面を見つめ、読書中だった男性はページを閉じ、中には座席を立って窓際に近寄ったり、携帯電話で動画を撮影したりする姿も。崖に生えた雑草や木々の葉が電車すれすれにまでせり出している様子を見て、追浜育ちの主婦(68)は「これまで意識していなかったが、こんなに電車近くまで崖が迫っていたなんて」と驚いていた。

通勤で京急久里浜駅まで乗車していた公務員男性(60)は「(振り替え輸送で使う)JRも道路も大混雑だった。復旧してよかった」とほっとした表情。一方で「土砂崩れに備えた点検が甘かったのではないか。(沿線の)似たような危険箇所をしっかりと点検してほしい」と対策を求めた。

神奈川新聞「カナコロ」より引用

大新聞だけじゃなく「神奈川新聞」まで京浜急行の「ネガキャン」かよ・・・

ローカル新聞も「偏向報道」じゃ新聞の価値無いな・・・

新聞は全部腐ってるな!タウン紙から大新聞まで読む価値なし!

« 京浜急行の事故を捏造して近隣に迷惑をかける「フジテレビ」 フジテレビ死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | ウジサンケイの京急に対する醜い仕打ち フジサンケイ死ね!死ね!死ね!死ね! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47237774

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川新聞まで京浜急行叩きか?ローカル新聞も駄目だ!:

« 京浜急行の事故を捏造して近隣に迷惑をかける「フジテレビ」 フジテレビ死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | ウジサンケイの京急に対する醜い仕打ち フジサンケイ死ね!死ね!死ね!死ね! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ