フォト

« 神奈川新聞まで京浜急行叩きか?ローカル新聞も駄目だ! | トップページ | やはり徴兵制をするべきだ!シナやチョンに対してこれで対抗できる! »

2012年9月28日 (金)

ウジサンケイの京急に対する醜い仕打ち フジサンケイ死ね!死ね!死ね!死ね!

神奈川県横須賀市追浜(おっぱま)町の京浜急行電鉄で崩れた土砂に特急電車が突っ込み脱線した事故で、大雨に伴う運転規制などを定める際の指標となる安全基準の判定が鉄道事業者任せになっていることが27日、国土交通省への取材で分かった。専門家は「鉄道事業者の経営状態や経営判断で安全性の判定が変わる恐れもある」と指摘している。

国交省によると、線路沿いの斜面やトンネル、鉄橋などの安全性は、平成19年1月に通達された鉄道構造物等維持管理標準で、危険度の高い「A」から最も安全な「S」まで4段階に区分している。鉄道事業者が自ら検査、判定した結果を基に、大雨や強風時の運転中止や速度規制などの基準を定めている。

 今回崩落した現場は、京急が昨年4月に行った検査で、ただちに安全対策が必要な「A」ではなく、「B」と判定。9年4月には、現場から約2キロ離れた場所で、2番目に安全度が高い「C」と判定された斜面で土砂崩れが発生し、電車が乗り上げて脱線する事故もあった。「危険性に問題はない」と判定された場所で実際、2度の土砂崩落が起きているのだ。

 京急によると、1時間あたりの雨量が2時間連続で15ミリを超えた場合、A判定の場所を重点的に巡回し、斜面の安全を確認することになっているが、2つの事故現場は、徐行や運転中止となる規制区間の対象からも外れていた。

 京急から依頼を受け、斜面の調査をした鉄道総合技術研究所(東京都)の担当者は「路線の実情に応じて鉄道事業者が判定しているが、判定の目安となるような数値化された統一の指標はない」と明かす。

 これに対し、京急は「判定が誤っていたとは考えていない。事故現場では最も危険なA判定の場所と同様に安全対策を施してきた」と強調。土砂崩れは局所的な豪雨によるもので、「想定外だった」としている。

 鉄道事故に詳しい技術評論家の桜井淳(きよし)氏は「安全対策は経営方針にも左右される。安全基準の判定は、鉄道事業者全体にかかわる問題だ」と指摘する。

 沿線に京急同様の斜面を抱える路線は少なくない。判定の客観性、公平性といった課題も浮かぶ。

 国交省は「運転規制の基準は事業者次第となっているが、路線によって沿線の環境が異なるため、全国一律の安全基準を定めることは難しい」としている。

MSN産経ニュースより引用

国道16号線を我が物顔で違法駐車して渋滞をひき起こし復旧作業の邪魔をした「フジサンケイ」がどの面下げて言う!

お前ら本当にゴミより始末が悪い!

JRみたいに元々国が管理してる線路と違って、私鉄はその私鉄の土地私有地なので基準が違って当たり前だし、電車の規格もぜんぜん違う。

JR在来線が1067の狭軌なのに対し、京急は1435の標準軌で新幹線と同じ幅に作っている、それすら知らないのに本当にカスゴミのバカどもは頭に来る!

フジサンケイ死ね!死ね!死ね!死ね!

« 神奈川新聞まで京浜急行叩きか?ローカル新聞も駄目だ! | トップページ | やはり徴兵制をするべきだ!シナやチョンに対してこれで対抗できる! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47240329

この記事へのトラックバック一覧です: ウジサンケイの京急に対する醜い仕打ち フジサンケイ死ね!死ね!死ね!死ね!:

« 神奈川新聞まで京浜急行叩きか?ローカル新聞も駄目だ! | トップページ | やはり徴兵制をするべきだ!シナやチョンに対してこれで対抗できる! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ