フォト

« 北米大陸でまたもや「チョン」が迷惑をかける。 | トップページ | 孫の牙城でAUが高速をたたき出す! »

2012年9月21日 (金)

思想か?痴情か?それとも宗教対立か?謎の同志社女子大職員殺人事件。

21日午前0時ごろ、京都市左京区下鴨下川原町の路上で、近くに住む同志社女子大学職員、荒川孝二さん(36)が倒れているのを通行人が発見。胸に刺し傷が数カ所あり、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。京都府警は殺人事件として下鴨署に捜査本部を設置。荒川さんが職場から帰宅した直後に襲われたとみて、何らかのトラブルに巻き込まれていなかったか調べている。

 捜査関係者によると、荒川さんは20日午前0時ごろに車に投石され、ボンネットがへこんだとして、府警下鴨署に被害届を出していた。その際、荒川さんは「誰がやったかわからない」と話したといい、府警で関連を調べる。

 府警によると、21日午前0時前、荒川さんとみられる男性から110番があり、うめき声だけが聞こえた。下鴨署員が現場付近に駆け付け、自宅の南西約15メートルの路上であおむけに倒れている荒川さんを発見。胸の中央部に複数の刺し傷と顔にも切られたような傷があり、直後に市消防局の消防隊員も駆け付けたが、すでに心肺停止状態だった。

 発見時、荒川さんは、ピンクのポロシャツに黒のジーンズ姿で、着衣に乱れはなかった。右手に携帯電話、左手に鍵の束を持った状態で倒れていた。凶器は見つかっていない。

 自宅前には、荒川さんの自家用の乗用車が、エンジンがかかった状態で止められていた。車のドアは閉まっていたが、運転席にキーが差し込まれたままで、ロックはかかっていなかった。車内には、荒川さんのバッグがあり、現金入りの財布も残されていた。

 現場は世界遺産でもある下鴨神社の西約150メートルの住宅街。

ライブドアニュースより引用

まさに謎を呼ぶ同志社女子大職員殺人事件・・・

思想犯なら、同志社は立命館と並ぶ「左巻き」思想の根城で今回の「竹島」「尖閣」「シナ暴動」に関して何らかのアクションを起こしたか、それとも「反原発」で電力会社関係の人間が殺した線も考えられる、京都大には「反原発」の「小出」もいる。

痴情なら、生徒(女子大生)とチョメチョメやってしまい揉めたか?

宗教対立なら同志社はキリスト教系の学校で、日本のキリスト教(特にプロテスタント)はバ韓国の「ウリスト教」の影響を受けて左巻きになってる奴が多く、思想犯も重なった奴か?

あとは集ストでおなじみのSがやった可能性もある。

謎が深まるばかりだ。

« 北米大陸でまたもや「チョン」が迷惑をかける。 | トップページ | 孫の牙城でAUが高速をたたき出す! »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47162889

この記事へのトラックバック一覧です: 思想か?痴情か?それとも宗教対立か?謎の同志社女子大職員殺人事件。:

« 北米大陸でまたもや「チョン」が迷惑をかける。 | トップページ | 孫の牙城でAUが高速をたたき出す! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ