フォト

« 日刊スポーツがアニヲタを悪者扱い。 | トップページ | 雷様に天誅!を喰らったバ韓国人 ザマァ! »

2012年9月 8日 (土)

反日のクソゲンダイすらバ韓国消滅を記事にする

竹島問題を巡る日本と韓国の対立はテレビ界でも大きな影響が出始めている。韓流ドラマとK―POPが近いうちに消滅するのではと囁かれているのだ。

 この3年でテレビで放送された韓流ドラマは約500番組、日本でデビューしたK―POPのグループは30組以上にも上る。テレビ局にとってはドル箱といっていいコンテンツだった。

「例えば、韓ドラはテレビ局には安く、そこそこ視聴率が稼げる番組として重宝がられました。買い付け価格は一時上がりましたが、最近はダウンし、初回購入の一番組の単価が500万円程度というものもあった。しかも、3回まで再放送が認められるのでBSやCSが飛びついていた。一方、K―POPは音楽番組に出るのはプロモーションの一環で出演料がかからなかったり、レコード会社が立て替えて支払ってくれるケースも多かったのでメリットが大きかった」(事情通)

 だが、例の問題で状況が一変した。すでに日本テレビやテレビ朝日、TBSなどは年末年始の番組編成から韓ドラ枠を大削減する方針を固めたという。音楽番組もK―POPのゲスト出演を極力減らしていく方針だという。また、韓国びいきと批判されているフジテレビでさえも韓ドラからの撤退、K―POPの露出を減らしているという。

「李明博大統領が竹島上陸、ロンドン五輪でサッカー韓国代表メンバーが『独島は我が領土』というメッセージを掲げ、韓流スターらが竹島に泳いで渡るという反日的ニュースが流れてから、BSとCSで視聴者の接触率が激減しました。竹島問題で韓国の反日的なパフォーマンスが続く限り、来年4月の番組編成で韓ドラとK―POPは地上波から消滅する可能性が高い。NHKも韓ドラをかなり流していますが、右に倣えだと思います」(民放編成マン)

 テレビ局にとっては韓ドラに代わるコンテンツが見つからないのは頭が痛いが、K―POPに代わるダンスミュージックを発掘中とか。KARAもチャン・グンソクも来春以降は見ることができなくなる?

ゲンダイネットより引用

いつもは反日・シナチョンびいきのクソゲンダイがついにバ韓国ドラマやバ韓国POPの消滅寸前を記事にしたようだ。

なんだか名古屋の大洲の「コリアンダンスフェスティバル」は空気も読まずに
「強行開催」に踏みきる雰囲気で、かえって反感を喰らって罵声と空き缶が飛ぶ事態になりそうだ。

クソゲンダイまでついに取り上げた。

« 日刊スポーツがアニヲタを悪者扱い。 | トップページ | 雷様に天誅!を喰らったバ韓国人 ザマァ! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47002934

この記事へのトラックバック一覧です: 反日のクソゲンダイすらバ韓国消滅を記事にする:

« 日刊スポーツがアニヲタを悪者扱い。 | トップページ | 雷様に天誅!を喰らったバ韓国人 ザマァ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ