フォト

« JFA!ももクロファンに謝れ! | トップページ | 旭日旗が駄目なら朝日新聞は駄目だろ! »

2012年9月 1日 (土)

赤木智弘は日本テレビの工作員。偽善番組の提灯記事など金をもらわなければ書けない。

夏休みも終盤になり、そろそろ学校の宿題の処理が気になり始めたであろうインターネットのまとめサイト界隈は、きっと庭の土を掘って、掘った土で穴を埋めて、また掘り返して埋めることすら楽しいくらいに、とてつもない暇を持て余していたに違いない。

 でなければ、僕のあまりにもどうでもいいくだらないつぶやきが、どこか僕の知らないところで話題になり、僕に「チャリティーって言葉の意味知ってる?www」「バカwwww」「売名フリーライターww」といったTwitterのMentionが、見知らぬ人たちから続々送り付けられる事態にはならなかっただろう。

 なぜか知らないが話題になった私のツイートは以下のとおりだ。
「24時間テレビをノーギャラにしろとか言っている奴がいるが、そうなったらテレビに映りたいだけの貧乏芸人しか集まらんぞ。そんな24時間テレビ、誰が見るんだ? 」(*1)
 ご覧のとおり、どうでもいいクソのような単なる軽口だ。

 「24時間テレビをノーギャラにしろとか言っている奴がいる」というのは、ネット界隈においては、毎年のように流れる、これまた軽口としての24時間テレビ批判だ。僕はネタやただの嫌味としてそうしたことを言っているのだと理解していたのだが、世の中には本気で「チャリティー番組はノーギャラが当たり前だ」と思っている人がいるらしい。そういう人が「チャリティーって言葉の意味知ってる?www」などというしょうもないMentionを送りつけているのだろう。

 そもそも、24時間テレビの出演者に対する批判は、結局は芸能人にヤッカミでしかなく、まじめに論じるのも馬鹿馬鹿しいのだが、それでも問題がないわけではないので、指摘だけはしておこう。

 チャリティーとは「慈善活動」などの意味である。確かにノーギャラで労働を提供することはチャリティーを行うための方法の1つである。しかし、慈善活動を行うためには慈善事業に専従する人が必要になる。そうした人は当然通常の労働と同じように、労働によって賃金を得ながら活動をしている。賃労働として慈善事業に参加する人がいることによって、継続的な慈善活動が可能となる。また、一時的な参加に対しても、ちゃんとした賃金を支払うことで、安定的な参加を期待することができる。人間は霞を食べて生きているわけではないので、ボランティアという善意だけでは限界があることは当然だろう。

 チャリティーだから無償労働であるのが当たり前だという考え方は、チャリティーの社会に対する関与を弱め、多くの困っている人達が抱える問題を放置してしまうことにつながる。だからこそ、安易にチャリティーだからノーギャラ、手弁当でという考え方はするべきではない。

 まぁ、こうしてTwitterでMentionが送りつけられる程度は「ハハッ、ワロスワロス」で放っておけばいいのだが、これが商用の記事になってしまうと、単純に放っておくわけにも行かないだろう。

 LivedoorNewsにも配信されている、ガジェット通信に、このことが記事として掲載されている。(*2)  この記事の内容について反論させていただく。

 まず、「赤木智弘さんのつぶやき「貧乏芸人しか集まらん」は根拠が無いことがわかる」というが、そもそもTwitterのつぶやきに根拠を求める意味はどこにあるのだろうか?

 これが社会的に重要なデマや、誰かに対する誹謗中傷なら、根拠を求める必要もあるだろうが、このツイートにそんな要素は含まれていない。唯一お笑い芸人が怒るかもしれない部分はあるのかもしれないが、そのことを指摘したMentionは1件だけだった。

 また、「ノーギャラの24時間テレビでも、有名芸能人がたくさん出る」という論拠はどこにあるのだろうか?  記事では海外のチャリティー番組に有名芸能人が出ているとしているが、その番組は日本テレビの「24時間テレビ」とは違う番組であり、出演者の事情も異なるものだろう。また「たけしやさんまがノーギャラなら出ると言っている」というが、その言葉と実際に出るか出ないかは全く別の話である。口にするだけでそれが実現しているなら、民主党のマニフェストもすべて実現しているに違いない。

 安易な政治ギャグは無視して、とにかく「ノーギャラの24時間テレビ」が企画されない限り、「ノーギャラの24時間テレビでも、有名芸能人がたくさん出る」という論拠もあくまで想定のレベルにすぎないのである。本当にノーギャラで有名芸能人を呼びまくる24時間のチャリティー番組ができるのであれば、ぜひとも頑張って実現していただきたい。応援しています。

 とまぁ、こうして論じてみても、あの程度のどうでもいい発言の、いったいどこが夏休みの宿題に怯えるネット民たちの垂れ下がったしっぽを踏んでしまったのか。ハッキリとはわからないのだが、彼らが認めたくない事実を私が伝えてしまっている可能性はあるのだと思う。

 ガジェット通信の記事タイトルに「視聴者「番組そのものが必要無い」」という記述があるのだが、本当に視聴者は24時間テレビを必要ないと考えているのだろうか。

 まずは、今年の24時間テレビの視聴率。関東地区では平均視聴率が17.2%、瞬間最高視聴率が39.1%だったと報じられている。特に平均視聴率は歴代5位の記録だという。(*3)

 次に、チャリティー番組としての実力を測るのは、募金額だろう。ガジェット通信の記事中では「24時間テレビの番組終了時の募金額は2億8240万4461円」と書かれているが、これはあくまでも番組終了時に、各地のスタジオなどの募金場所に集まった金額の総計である。これに各地の募金箱や振込での募金などを含めたものが、最終的な募金額になる。

 今年の募金額はまだ集計中だが、去年までの募金額が札幌テレビ放送の24時間テレビサイトで、一覧になってまとめられている。(*4)

 これによるとここ数年は安定して10億円前後の募金額を集めている。去年などは東日本大震災の影響もあったのだろう、なんと20億円近い募金を集めている。

 視聴率も上々で、毎年10億ベースの募金を集める24時間テレビ。私は決して24時間テレビが好きではないし、今年などは合計で2分も見ていないのだが、こうした数的根拠が出てきてしまえば、24時間テレビが多くの人たちにチャリティー番組として認められているという現実を受け入れるしかないのである。

 しかし、ネットではそれが違うのだ。

 ネットではこうした数的事実はほとんど伝えられない。伝えられても無視される。

 彼らは24時間テレビの偽善性を叩き、嘲笑うことによって、自分たちが社会の真実を知る強者であろうと振舞おうとする。偽善に騙されて24時間テレビを見たり募金する人を蔑みながら、社会正義の側に自分たちが立っているのだと意識している。

 しかし、現実はそうではない。世の中はそのくらいのことは知っていて、それでも番組を楽しんでいる人がいたり、募金をしている人がいるよ。という、その事実を提示してしまったことが、自分たちこそ政治で情報強者側だと信じて疑わない人たちの逆鱗に触れてしまったのではないか。

BLOGOSより引用

この「赤木智弘」は日本テレビから相当の金をもらったみたいで、必死になって24時間テレビを援護してる。

金でももらわないと偽善番組の提灯記事もかけない。

日本テレビの工作員決定!「赤木智弘」

工作員赤木智弘死ね!死ね!死ね!死ね!

« JFA!ももクロファンに謝れ! | トップページ | 旭日旗が駄目なら朝日新聞は駄目だろ! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46912501

この記事へのトラックバック一覧です: 赤木智弘は日本テレビの工作員。偽善番組の提灯記事など金をもらわなければ書けない。:

« JFA!ももクロファンに謝れ! | トップページ | 旭日旗が駄目なら朝日新聞は駄目だろ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ