フォト

« お前が「要注意」なんだよ!クソゲンダイ! 日刊ゲンダイ死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 親子体験農園 三ッ池公園 »

2012年9月30日 (日)

キヤノンもソニーも「芦田」のクソガキ使うのやめたら?

放送前から視聴率の行方が注目された『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)と『サマーレスキュー~天空の診療所』(TBS系)。なぜなら、前者は芦田愛菜、後者は本田望結が出演し、共演NGもウワサされる子役対決が話題となったからだ。しかしフタを開けてみれば、それぞれの平均視聴率は『ビューティフルレイン』10.14%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『サマーレスキュー』10.05%と、ギリギリ2桁という盛り上がらない結果に終わった。

 2人はほんの数カ月前まで、“視聴率の神様”的存在だった。2011年、芦田は初回から最終回までに10%以上視聴率を伸ばした『マルモのおきて』(フジテレビ系)、本田も最終回に40%超えを記録した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で、それぞれキーマン的役どころを演じていたのだ。

「一部報道では『芦田は、同じく子役タレントの本田や谷花音も共演NG』ともいわれており、今回の視聴率争いは“子役女王対決”とまで揶揄されましたが、結果は、どんぐりの背比べ状態。一時期は芦田について『忙しすぎて小学校に行くヒマもないらしい』というウワサまで飛び交っていたほどですが、芸能界を席巻した子役ブームは、すでに終焉を迎えてしまったようですね」(週刊誌記者)

 一時期のゴールデンタイムは、どのチャンネルにも必ず子役が出演していたものだが、この現象もすでに落ち着いてしまっている。連日イベントや記者会見に登壇していた彼らも、すでにテレビ中心ではなく、“手に職”とばかりに別のフィールドへ活動の場を移していると、芸能プロ関係者は語る。

「芦田と同時期にブレークした鈴木福は、『コドモ警察』(TBS系)で当たり役を引き、来年には映画化が決定。また、こども店長のCMで脚光を浴びた加藤清史郎は、東宝系ミュージカル『エリザベート』で高評価を得て、現在では舞台中心の俳優にシフトしています。また今年3月には、『崖の上のポニョ』で大ブレークした子役・大橋のぞみが、中学校入学を機に芸能界を引退するという出来事もありました」

 たとえ世間で再び子役ブームが巻き起こったとしても、その時、彼らはすでに子役ではなくなっている可能性も十分考えられる。“視聴率神話”が崩壊した今、テレビでブレークした子役が、さまざまな道を模索しだすのも、当然の流れかもしれない。

サイゾーより引用

ビデオカメラの宣伝で「キヤノン」と「ソニー」が芦田のクソガキを使ってる、高性能を謳っていても芦田のクソガキでどうも嫌になる。

まだ森高千里の「パナソニック」やこれと言った人を出していない「ビクター」の方がいいような気がする。

本当に製品がいいのなら芦田のクソガキを宣伝から下ろして欲しい。

« お前が「要注意」なんだよ!クソゲンダイ! 日刊ゲンダイ死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 親子体験農園 三ッ池公園 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47266798

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンもソニーも「芦田」のクソガキ使うのやめたら?:

« お前が「要注意」なんだよ!クソゲンダイ! 日刊ゲンダイ死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 親子体験農園 三ッ池公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ