フォト

« シナ・チョンひいきのバカズラも年貢の納め時か? フジテレビと小倉智昭死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 「シナ」「チョン」言っただけで客が引いて行く・・・ »

2012年9月21日 (金)

電通の「バ韓国」「AKB」は平成の「ええじゃないか」騒動か?

800pxeejanaikascene


ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の慶応3年(1867年)7月から翌慶応4年(1868年)4月にかけて、東海道、畿内を中心に、江戸から四国に広がった社会現象である。天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ、という話が広まるとともに、民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。

目的 [編集]

その目的は定かでない。囃子言葉と共に政治情勢が歌われたことから、世直しを訴える民衆運動であったと一般的には解釈されている。これに対し、討幕派が国内を混乱させるために引き起こした陽動作戦だったという説[1]や、江戸のバブル期後の抑圧された世相の打ち壊しを避けるために幕府が仕掛けた「ガス抜き」であったという説もある。本来の意図が何であったにせよ、卑猥な歌詞などもあったところを見ると、多くの者はただブームに乗って楽しく騒いでいただけのようでもある[2]。

歌詞 [編集]

岩倉具視の岩倉公実記によると、京の都下において、神符がまかれ、ヨイジャナイカ、エイジャナイカ、エイジャーナカトと叫んだという。八月下旬に始まり十二月九日王政復古発令の日に至て止む、とあり、明治維新直前の大衆騒動だったことがわかる。また、ええじゃないか、の語源は、京の都下で叫ばれた言葉であったようだ。

歌詞は各地で作られ、例えば「今年は世直りええじゃないか」(淡路)、「日本国の世直りはええじゃないか、豊年踊はお目出たい」(阿波)といった世直しの訴えのほか、「御かげでよいじゃないか、何んでもよいじゃないか、おまこに紙張れ、へげたら又はれ、よいじゃないか」(淡路)という性の解放、「長州がのぼた、物が安うなる、えじゃないか」(西宮)、「長州さんの御登り、えじゃないか、長と醍と、えじゃないか」(備後)の政治情勢を語るもの、などがあった。

ウイキペディアより引用 写真・文章とも。

電通のしつこいぐらいの「バ韓国」や「AKB」のゴリ押しがまるで平成の「ええじゃないか」騒動に思えてきた。

黒船の替わりにシナの船が来る、打ちこわしの替わりにデモが頻発する、まさに政府に対するガス抜きが「AKB」を使った「ええじゃないか」である、まさに幕末の如く自体は風雲急を告げるようになってきた。

シナやチョンに対して「生麦事件」もおきる雲行きだ。

この時代「新興宗教」ブームをおきていた、「天理教」が幕末の不安に駆け込んでブームになっていた、これのおかげで「天理教」が地盤を固めて成功した。

まさに「幕末」か・・・

« シナ・チョンひいきのバカズラも年貢の納め時か? フジテレビと小倉智昭死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 「シナ」「チョン」言っただけで客が引いて行く・・・ »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47157836

この記事へのトラックバック一覧です: 電通の「バ韓国」「AKB」は平成の「ええじゃないか」騒動か?:

» ええじゃないか騒動を再現 豊橋・牟呂八幡宮 [ローカルニュースの旅]
江戸末期に民衆が熱狂的に踊った「ええじゃないか騒動」の発端となったお札降りを再現する催しが13日、豊橋市の牟呂八幡宮であり、住民ら200人が参加した。 [続きを読む]

« シナ・チョンひいきのバカズラも年貢の納め時か? フジテレビと小倉智昭死ね!死ね!死ね!死ね! | トップページ | 「シナ」「チョン」言っただけで客が引いて行く・・・ »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ