フォト

« 環境保護という名の営業妨害「グリーンピース」 | トップページ | また「在日チョン」のロリコン犯か? »

2012年9月11日 (火)

チョンが高性能コピー機やプリンターを作れるはずが無い

日本国内では「名前は聞いたことがありません」

   海外ではシェアを伸ばすサムスンも、日本国内では今のところ「無名」だ。調査会社BCNのアナリストに取材すると、コンシューマー向け複写機・複合機の市場で「サムスンの名前は国内では聞いたことがありません」と首をかしげた。事務所で使う複合機などのリースでもサムスンのモデルを探したが、こちらも見つからなかった。

   ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)が2012年2月2日に発表した2011年の複写機・複合機出荷実績は、国内向けが51万9938台、海外向けが339万5855台となった。8月1日付の日経産業新聞によると、国内シェア順位はリコー、キヤノン、富士ゼロックスが「3強」でこれにシャープが続く構図だ。ここでもサムスンは浮上してこない。

   エレクトロニクスメーカーがひしめき、「特殊な市場」と言われる日本にサムスンが複写機・複合機で本腰を入れて参入してくるかは不明だ。ただ世界を見渡すと、現状ではキヤノンやエプソンの後塵を拝しており、リコーや富士ゼロックスといった強敵もひしめいている。いずれも日本企業だ。ブルームバーグは、これら4企業の合計が2011年の世界シェアでほぼ5割を占めたとの調査結果を伝えた。

   市場自体の大幅な成長も望みが薄い。前出のIDCの調査によると、2011年の世界市場の成長率は前年比0.7%増にとどまった。国内市場も、JBMIAによれば前年比1.7%減と厳しい状態だ。パイが拡大しない中でシェアトップに立つには、必然的に日本メーカーから奪うしかない。

   日本メーカーも悠然と構えていては、薄型テレビの分野でかつて優位に立っていた企業がサムスンに追い落とされたのと同じ「悪夢」に襲われる可能性はある。

J-CASTより引用

ハァ?テレビの二の舞になるはずが無い、テレビはソフトがクソだから売れなくなった、しかしプリンターやコピー機はソフトもクソも無い。

コピー機は保守も勝負だ、リコーやキャノン・富士ゼロの営業や保守は半端でない、まさにコピー機は保守も値段のうちである。

セブンイレブンが「富士ゼロ」・ローソンが「キヤノン」・ファミマは「リコー」を使用してるがはたしてバ韓国にコンビニの酷使に耐えられるのか?

« 環境保護という名の営業妨害「グリーンピース」 | トップページ | また「在日チョン」のロリコン犯か? »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/47035462

この記事へのトラックバック一覧です: チョンが高性能コピー機やプリンターを作れるはずが無い:

« 環境保護という名の営業妨害「グリーンピース」 | トップページ | また「在日チョン」のロリコン犯か? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ