フォト

« 竹島で沈黙、バKARA終了! 日本に来るな!イラネ!死ね! | トップページ | 日米防衛を機軸として自主防衛も推進する「幸福実現党」 »

2012年8月25日 (土)

反原発の「山本太郎」、在日監督の映画でゲイ役。

24日、大分県の由布市湯布院公民館で開催中の第37回湯布院映画祭で、特別試写作品『EDEN』が上映され、武正晴監督、山本太郎、そしてプロデューサーの李鳳宇らが出席した。『フラガール』『パッチギ!』など数々の話題作を手掛けてきた元シネカノン代表の李鳳宇が、久々に映画製作に復帰した本作。「久々に戻ってまいりました」と客席にあいさつする李を観客は大きな拍手で迎え、映画界復帰を歓迎した。

 本作でゲイの役に挑戦した山本は「僕も1年半くらい役者の仕事があまり出来ていなくて。国の政策……まぁ、原発なんですけど。文句を言っていたら事務所に居づらくなってやめたわけです。だから仕事もないやろなと思っていたんです」と当時を述懐。そんな状況だったため、李からの主役オファーは驚きだったといい、「よく使いますね、今の僕を」と付け加えて、観客を笑わせた。

シネマトゥデイより引用

やはり「反原発=在日チョン」の方程式が証明された、反原発の「山本太郎」が在日チョンの映画で「ゲイ役」で登場、なんぼ「ゲイ役」でも山本太郎みたいな反原発のグリーンピース馬鹿を使うはずがない。

やはり反原発の傀儡である「在日チョン・シナ」が絡んでいた。

この映画の資金源が「グリーンピース」か?

« 竹島で沈黙、バKARA終了! 日本に来るな!イラネ!死ね! | トップページ | 日米防衛を機軸として自主防衛も推進する「幸福実現党」 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46815221

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発の「山本太郎」、在日監督の映画でゲイ役。:

« 竹島で沈黙、バKARA終了! 日本に来るな!イラネ!死ね! | トップページ | 日米防衛を機軸として自主防衛も推進する「幸福実現党」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ