フォト

« 慰安婦問題で逃げ場が無くなった「朝日新聞」 | トップページ | 池袋だから犯人は在日シナ人か?それとも新手の「集スト」か? »

2012年8月31日 (金)

三流糞雑誌が「地震」・「富士山噴火」の恐怖で煽る。

8月14日正午ごろ、北海道のオホーツク海南部を震源とするM7.3の地震が発生。揺れは青森、岩手の両県に加え、関東甲信、東海地方にまで及んだが、この地震の590キロという震源の深さに“巨大地震の前触れではないか”との憶測が流れている。

 通常、震度は震源地で最も大きくなり、そこから同心円状に広がりつつ小さくなっていく。しかし今回の場合、震源に近い北海道の北の方が揺れるはずが、実際には釧路や函館などの道東や道南、さらには東北の方が大きく揺れた。
 「これは200キロより深いところで発生する深発地震が起きた際に見られる現象で、離れた場所で起きた地域を異常震域と呼びます。このような深発地震がきっかけとなり、プレートの浅い場所で巨大地震が発生することが過去にも記録されているため、今後、周辺のプレートが割れないか心配です」(サイエンスライター)
 実際に、1952年と2003年に起きたM8クラスの十勝沖地震でも、その前に深発地震が増加していた。

 また今回の地震に関連して、琉球大物理学部の木村政昭名誉教授が気になる指摘をする。
 「プレートの深いところで発生する地震は、プレートが自分の重みで切れてしまって起こることが少なくありません。通常はそれによって浅いところで引っ張られていた力がすっと抜けてしまうのですが、その刺激で大きな地震を誘発することもある。問題はカムチャツカ海溝ですね」

 カムチャツカ海溝の南端には、木村氏がかねてから指摘している“地震の空白域”が存在する。
 「東日本大震災で三陸沖のプレートが割れ、その地域のストレスは取り除かれましたが、これにより三陸沖の南北のプレートに大きな力がかかっている。カムチャツカ海溝の南端がそこに当たり、まさしく巨大地震が懸念される地域なのです」(同)

 木村氏が危惧するのは大津波の発生が予想されるスーパー巨大地震。東日本大震災に次ぐ悲劇の引き金にならなければいいが。

週刊実話より引用

8月21日に開かれた静岡県防災・原子力学術会議の地震・火山対策分科会。静岡大学防災総合センターの小山真人教授は、「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」と報告した。

 山体崩壊とは噴火や地震などにより山の3分の1から4分の1が崩れる現象。崩れた山の岩石や土壌は時速100kmの猛スピードで斜面を 下る『岩屑なだれ』となり、周辺地域に甚大な被害をもたらす。

 40万人が被災ともなれば、過去に例を見ない大規模な災害となってしまうわけだが、これまで富士山の山体崩壊については、あまり指摘されてこなかった。しかし、武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)「富士山は大規模な山体崩壊が非常に起きやすい」と話す。

「富士山は火山灰や溶岩がバームクーヘンのように幾重にも連なる成層火山で、もともと構造が不安定。さらに“安息角”と呼ばれる絶妙の角度で頂上から斜面が裾野に広がります。このため、一度山が崩れると発生する岩屑なだれが麓まで一気に到達し、より深刻なダメージを与えます」(島村教授)

 実際、富士山ではこれまで少なくとも4回、山体崩壊が起きている。最後は約2900年前に発生した「御殿場岩屑なだれ」で、御殿場方面に崩れた土砂が富士山東側の麓一帯を覆い、酒匂川に沿って小田原まで、黄瀬川に沿って沼津まで土砂が到達した。

今回の被災者数の試算は、この「御殿場岩屑なだれ」と同様の山体崩壊が起きると仮定したものだ。富士山の東側で山体崩壊が起きて岩屑なだれが生じると、御殿場市と小山町を丸ごとのみ込んでしまう。また、小山教授は富士山が北東に崩れると富士吉田市や桂川、相模川沿いに約38万人、南西に崩れると潤井川、芝川沿いに約15万人が被災するとも試算している。

被害は周辺にとどまらない。内閣府は富士山から約100km離れた東京でも2~10cmの火山灰が降り積もると想定。マグマが冷えて固まった微粒子である火山灰は、体にはもちろんライフラインにも甚大な影響を及ぼす。防災システム研究所所長の山村武彦さんが“最悪のシナリオ”を明かす。

「富士山の麓は東海道新幹線や東名高速道路が行き交う日本の大動脈であり、分断されると日本経済に与える損失は計り知れません。降灰の影響で飛行機や電車の運航がストップするでしょうし、電線に付着すると停電も起こりうる。首都圏が大混乱しますよ」

※女性セブン2012年9月13日号 NEWポストセブンより引用

まったく三流雑誌は芸能ネタも枯渇、政治・経済・国際ネタじゃ読者層がDQNや馬鹿主婦だから関心も無い。

特に「女性セブン」はバ韓国も使えない、皇室じゃ右翼の襲撃が怖い、芸能ネタも枯渇、武田と小出の放射脳ネタ・反原発ネタも使えない。

結局最後に出てきたのが「自然災害ネタ」、三流雑誌の糞評論家がわかったら、東大の地震研究所や気象庁の観測がいらないよ。

« 慰安婦問題で逃げ場が無くなった「朝日新聞」 | トップページ | 池袋だから犯人は在日シナ人か?それとも新手の「集スト」か? »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46902923

この記事へのトラックバック一覧です: 三流糞雑誌が「地震」・「富士山噴火」の恐怖で煽る。:

« 慰安婦問題で逃げ場が無くなった「朝日新聞」 | トップページ | 池袋だから犯人は在日シナ人か?それとも新手の「集スト」か? »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ