フォト

« バ韓国ステマをやる「タウンニュース」 | トップページ | パチ屋とシナが組んで養護学校で偽善! »

2012年8月31日 (金)

バ韓国が通じなくなったから「富士山噴火」で煽る糞女性雑誌、女性セブン死ね!死ね!死ね!死ね!

想定被災者40万人──。衝撃の数字が明らかになったのは、8月21日に開かれた静岡県防災・原子力学術会議の地震・火山対策分科会。静岡大学防災総合センターの小山真人教授がこう報告した。

「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」

 しかも、発表資料には<被災人口:避難できなかった場合は死者数に相当>──と書かれていた。

 内閣府の富士山ハザードマップ検討委員会は、2004年に作成した報告書で富士山の噴火について、1707年の宝永噴火と同規模になると仮定し、噴石等の直撃による被害死傷者を最大1万3600人と見積もった。今回の想定被災者数はそれをケタ違いに上回る。発表に同席した静岡県危機管理部の担当者も驚きを隠せない。

「突然の発表でわれわれもびっくりしました。事前の説明もありませんでしたから」

 これほど危険な「山体崩壊」とは何か。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)が解説する。

「山体崩壊とは噴火や地震などにより山の3分の1から4分の1が崩れる現象です。崩れた山の岩石や土壌は時速100kmの猛スピードで斜面を下る『岩屑なだれ』となり、周辺地域に甚大な被害をもたらします。火山の災害には、このほかに火砕流や爆発的な噴火など、怖いものがいろいろありますが、山体崩壊は過去に世界中で大災害をもたらしている、もっとも恐ろしい災害のひとつなのです」

 時速100kmで一気に流れ出る岩石から逃れられるはずもなく、それが前述の、40万人は〈避難できなかった場合は死者数に相当〉という危惧となっているのだ。

※女性セブン2012年9月13日号 NEWポストセブンより引用

売り物の「バ韓国」が通用しなくなったのか、武田や小出の「放射脳」も通用しなくなって「反原発」も萎んでついに「富士山噴火」まで引っ張り出してきた糞女性誌。

むかしどっかの「馬鹿占い師」が「富士山噴火」で煽って結局何も起こらなかった。

馬鹿大学教授や糞占い師で噴火がわかったら「気象庁」の火山観測いらないよ・・・

女性セブン死ね!死ね!死ね!死ね!

« バ韓国ステマをやる「タウンニュース」 | トップページ | パチ屋とシナが組んで養護学校で偽善! »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46895758

この記事へのトラックバック一覧です: バ韓国が通じなくなったから「富士山噴火」で煽る糞女性雑誌、女性セブン死ね!死ね!死ね!死ね!:

« バ韓国ステマをやる「タウンニュース」 | トップページ | パチ屋とシナが組んで養護学校で偽善! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ