フォト

« 日本に永住しないで国に帰れ!クソバカバ韓国! | トップページ | また大学生!こんどは「マジコン」作成。 »

2012年7月 3日 (火)

川崎名物「かなまら祭り」になった反原発の馬鹿左翼

再稼働反対派と機動隊の攻防から一夜明けた2日朝、大飯原子力発電所のゲートにはいつもの光景が戻っていた。出入りする車両をガードマンが入念にチェックする。関連業者を乗せたタクシーや原発作業員を積んだマイクロバスが次々と構内に吸い込まれて行った。

 反対派が自家用車を並べるなどして築いたバリケードは、跡形もなく撤去されている。つい10時間前まで、ここで原子力村と庶民の戦いが繰り広げられていた。それがまるで嘘のようだ。

 政治権力は警察やマスコミを使い、反原発を唱える人々を極左暴力集団扱いしてきた。左翼と言われる勢力が反原発を自らの運動の“道具”に使っていたことも事実だ。

 だが福島の事故を経て、局面は大きく変わった。普通の父ちゃん、母ちゃん、お兄さん、お姉さんが、気軽に「原発は要らない」と口にし、集会やデモに参加するようになったのである。

 30日午後から2日未明まで大飯原発の入口に集まった人々は、最後まで非暴力で機動隊に抵抗した。たとえなぎ倒されようとも。

機動隊が増強されると、生命創造の源である男根が登場した。神社の御神体らしく黒光りしていた。=写真:田中撮影=

機動隊が増強されると、生命創造の源である男根が登場した。神社の御神体らしく黒光りしていた。=写真:田中撮影=

 反対派がOccupyした一角では「命を守れ」のシュプレヒコールが繰り返された。生命創造のシンボルとも言える男根の御神体が登場し、祭りの様相を呈した。イデオロギーよりも生活なのである。

 政治闘争につきまとうアジ演説もない。あるのはパーカッションの情熱的なリズムだ。NYを中心にアメリカ全土で続くOccupyのノリを思わせた。

 「再稼働するのだろうが、皆の目が変わるまで(反原発運動を)やる」。京都から駆け付けた母親は、けれん味なく言った。

BLOGOSより引用

この記事を書いた「田中龍作」の馬鹿左翼ジャーナリストじゃどうしようもない、なんだかここまでくると完全に奇祭「かなまら祭り」をパクっているんじゃないか?

馬鹿左翼は思考能力ゼロだからパクルのは得意だが。

横○○ポだから、愛知県小牧市か新潟県栃尾市(現長岡市)の○○ポ祭りのパクリみたいだ、もっとも愛知県小牧の○○ポ祭りは大きなマ○○も登場する。

男根は「子孫繁栄」「五穀豊穣」「身体堅固」で鍛冶・製鉄の神、豊穣の神である。

神道を嫌う馬鹿左翼に使われる「男根」も迷惑してる、原子力もまだ改良の余地がある「夢のエネルギー」ですから。

« 日本に永住しないで国に帰れ!クソバカバ韓国! | トップページ | また大学生!こんどは「マジコン」作成。 »

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46171520

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎名物「かなまら祭り」になった反原発の馬鹿左翼:

« 日本に永住しないで国に帰れ!クソバカバ韓国! | トップページ | また大学生!こんどは「マジコン」作成。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ