フォト

« 敵?の情報をゲット、小出しで偵察報告 | トップページ | ヤクザまがいな「左翼」や「人権派弁護士」 »

2012年7月 7日 (土)

怒りの三原じゅん子先生!その気持ちがわかる!

ロシアのメドベージェフ首相が3日、2010年11月に続き、北方領土・国後島に上陸した。日本固有の領土である北方領土だが、ロシアに長期間不法占拠されている。日本政府は「極めて遺憾だ」と抗議したが、メドベージェフ首相は「どうでもいいことだ」と一蹴した。この件について、領土問題に取り組む自民党の三原じゅん子参院議員が激白した。

 「全く情けない。不法占拠しているロシアも許し難いが、(有効な対策が打てない)日本の民主党政権も同罪だ」

 三原氏はこう語り、続ける。

 「野田佳彦首相の頭の中は、消費税増税で一杯なのではないか。あるいは、小沢一郎元代表の離党問題で混乱した民主党内を、いかに収拾するかしか考えていないのでは。民主党政権になってから、いつも国益はそっちのけにされ、国民は泣きを見るばかりだ」

 確かに、ロシアは最近、挑発的態度を取り続けている。昨年9月、日本に近いカムチャツカ半島周辺で艦艇約50隻、航空機約50機が参加する大軍事訓練を実施。同時期に長距離爆撃機を日本に飛ばし、1周半させた。

 先月末には、爆撃機4機が、空対艦ミサイルを搭載し日本領空に接近する威嚇飛行をしていた。

 三原氏はいう。

 「外交は生き物だ。いつも注視していなければいけない。外国は虎視眈々と日本を狙っている。沖縄・尖閣諸島がいい例で、政権がおかしい時に必ず、中国や台湾がちょっかいを出してくる」

 折しも4日には、台湾の巡視船と遊漁船が尖閣諸島周辺の日本領海内に侵入。三原氏の懸念は現実のものとなっている。

 「こんな状態を放置しておくことはできない。ウソばかりの民主党政権を一刻も早く倒さないと、日本が本当に壊れてしまう」

 三原氏の言葉通り、6月のメキシコ・ロスカボスG20で、野田首相とプーチン露大統領が会談した際、「領土問題の議論を再活性化で一致した」と説明されていたが、これが真っ赤なウソだったことが判明している。

 “売国政権”の化けの皮が剥がれるのは時間の問題かもしれない。

ZAKZAKより引用

たまにはいい記事を描く「ウジサンケイ」、敵であるはずの「日本共産党」ですら中国の尖閣やロシアの北方領土に文句を言ってる。

三原先生のお怒りがわかる!

« 敵?の情報をゲット、小出しで偵察報告 | トップページ | ヤクザまがいな「左翼」や「人権派弁護士」 »

保守・救国活動・反左翼。」カテゴリの記事

保守政治・正論。」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46226982

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りの三原じゅん子先生!その気持ちがわかる!:

« 敵?の情報をゲット、小出しで偵察報告 | トップページ | ヤクザまがいな「左翼」や「人権派弁護士」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ