フォト

« もはや民放並みのエロでしか見せられなくなったNHK。NHK死ね! | トップページ | 大津のイジメ自殺グループの中に「在日」?発見、グループの中に創価・左翼も含まれてる模様! »

2012年7月15日 (日)

馬鹿左翼のクソデモを援護する日刊ゲンダイ!日刊ゲンダイ死ね!死ね!死ね!死ね!

毎週金曜夜に首相官邸前で行われている反原発デモ。6日には、坂本龍一氏や亀井静香衆院議員なども訪れて、悪天候にもかかわらず15万人(主催者発表)が集まった。その一方で、反発を招いているのが、警察の過剰警備だ。

 6日19時ごろ、丸ノ内線国会議事堂前駅構内は、デモ参加のサラリーマン、学生、家族らでごった返した。原因は警察の駅封鎖だ。機動隊員がいくつかの出口の階段前に立ち、行く手を阻んだ。しびれを切らした参加者が「いい加減にしろ」と怒声を浴びせ、現場は一触即発のムードだった。

「4番出口しか開放されなかったため、構内はデモ参加者であふれていました。誰かが転んだら将棋倒しになるとヒヤヒヤした。やっと外に出られたと思ったら、官邸とはかけ離れた場所に誘導され、シュプレヒコールをあげられないまま帰された人がたくさんいました。官邸前には機動隊の車両が並び、諦めて帰る人も少なくありませんでした」(デモに参加した女性)

 警察はデモ隊を官邸前に近づかせないため、かなり手前からブロック。人々は分断され、官邸から遠い場所に誘導された。警察は封じ込めたつもりかもしれないが、参加者はネット上に怒りをぶちまけている。将棋倒しの懸念もある。過剰警備が、混乱の火種になりかねないのだ。

「私は、ワシントンで25年ほど生活し、数十万~100万人規模のデモを見てきました。日本人は、警察の言うことを聞いて従っている。知り合いのスイス人記者は『日本人はデモをしない国民だと思っていた。今回はインターネットなどの声で一般の市民が動いている点で驚き、評価できる』と話していました。デモは世界的に当たり前の行動なのです。日本人はおとなし過ぎるくらいです」(ジャーナリスト・堀田佳男氏)

 それなのに国民の行動を押さえつけようと必死の警察。逆効果としか思えない。

(日刊ゲンダイ2012年7月10日掲載) ゲンダイネットより引用

クソゲンダイは馬鹿左翼のデモの現状をしらなすぎる、馬鹿左翼のデモは「烏合の衆」酒が入ってるか下手すれば「ハッパ」や「ヤク」でラリってるのも多い。

祭りでもお神酒が入ってるがしっかりと統制が取れてる、フジデモにしても、TPP反対デモにしても、左翼系?の革非同のデモにしてもきちんと統制が取れてる。

クソゲンダイの言うようにパニックもならない、逆に警察に拍手を送るぐらいだ。

この首相官邸のデモは単なる馬鹿騒ぎで「ただ騒ぎたいだけ」「坂本龍一が見たいが為」のクソデモである。

クソ左翼のデモを援護する日刊ゲンダイ死ね!死ね!死ね!死ね!

« もはや民放並みのエロでしか見せられなくなったNHK。NHK死ね! | トップページ | 大津のイジメ自殺グループの中に「在日」?発見、グループの中に創価・左翼も含まれてる模様! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46332637

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿左翼のクソデモを援護する日刊ゲンダイ!日刊ゲンダイ死ね!死ね!死ね!死ね!:

« もはや民放並みのエロでしか見せられなくなったNHK。NHK死ね! | トップページ | 大津のイジメ自殺グループの中に「在日」?発見、グループの中に創価・左翼も含まれてる模様! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ