フォト

« 過去の夢にうなされる日々が長引きそうだ。 | トップページ | 犯人はどうも在日のシナ・チョン臭いな・・・ »

2012年7月19日 (木)

原発に反対しなければ人にあらず!これが左翼の正体!

〈原発はむしろ被害者、ではないか小さな声で弁護してみた〉〈原子力は魔女ではないが彼女とは疲れる(運命とたたかふみたいに)〉。歌人の岡井隆さんが、「3・11」の後、原発事故について詠んだ作品だ。

 ▼岡井さんは、反原発を主張する東京新聞に「けさのことば」という連載を持つ。今年2月、その東京新聞のインタビューに、元医師でもある岡井さんは、「ぼくは原子力容認派」と答えていた。勇気ある発言に驚いたものだ。

 ▼「日本中の新聞で原発擁護を書いたのは岡井さん一人。袋だたきに遭いますよ」と周りから言われるそうだ。歌壇の大御所でさえ、このありさまである。まして、電力会社の社員に、発言の自由はないらしい。将来のエネルギー政策に関して、国民からの意見を聴取する会に、東北電力の幹部や中部電力の関係者が発言者として出席していたことに、批判が広がっている。

 ▼「個人的な意見として、原発をなくせば経済や消費が落ち込み、日本が衰退する」「(福島第1原発事故では)放射能の直接的な影響で亡くなった人は一人もいない」。小欄にはもっともな意見に聞こえるが、会場は騒然となり、テレビのコメンテーターは「信じられない」と罵(ののし)っていた。政府は今後、電力関係者を排除するという。

 ▼16日に東京都渋谷区の代々木公園で開かれた「さようなら原発10万人集会」は、主催者発表で約17万人、警視庁によれば約7万5千人と、大変なにぎわいだったらしい。作家の落合恵子さんは、「今日ここに来ているのが、国民であり市民」と言い切った。

 ▼「小さな声」でも、原発擁護を口にすれば国民とは認められない。そんな日が来るとしたら、放射能より恐ろしい。

MSNニュースより引用

自分は「原発容認・原発推進派」である、藪医者の「香山リカ」が原発賛成・容認派を精神病患者に仕立て上げ強制入院させるの発言をしたり、落合恵子が原発反対派を「国民であり市民」と言い切った。

まさに北朝鮮や中国の「言論統制」そのもの、カルト教団の映画と非難されているがまさに「ファイナルジャッジメット」そのものである。

言論統制は実際に宗教の世界に起こってる、キリスト教教会が実際そうなってる、バ韓国ブームにのってバ韓国の非難をするやつは教会から追い出された。

自分はバ韓国嫌いで元自衛官だから他の信者からひどい扱いを受けた、日本のキリスト教は左翼・在日・媚韓勢力が強く、自分のような「保守」「自衛隊関係」(元でも現職でも同様な扱い)は敵視されてる。

教会の駐輪場で自転車のタイヤを数回切られたこともある、まさに大津のイジメが大人になってそのままやってる。

左翼は創価と組んで独裁政権を作りたいみたいだ、キリスト教もこれに絡んである。

« 過去の夢にうなされる日々が長引きそうだ。 | トップページ | 犯人はどうも在日のシナ・チョン臭いな・・・ »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/46379375

この記事へのトラックバック一覧です: 原発に反対しなければ人にあらず!これが左翼の正体!:

« 過去の夢にうなされる日々が長引きそうだ。 | トップページ | 犯人はどうも在日のシナ・チョン臭いな・・・ »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ