フォト

« ボブが損するから「ボブソン」だったが、自分が損して潰れた「ボブソン」。 | トップページ | 吉本ナマポ騒動のとんでもない副作用 »

2012年6月 6日 (水)

グリーンピースの犬、反原発馬鹿の「山本太郎」のニュースが出た!

 「マイウェイ 12,000キロの真実」ブルーレイ&DVDリリース記念特別試写会が5日、東京都内で行われ、オダギリジョーと山本太郎が登場した。

 本作は「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュが監督を務め、オダギリジョーとチャン・ドンゴンという日韓のスター主演で描く戦争アクション・スペクタクル大作。アジアからノルマンディーまで12,000キロメートルを生き抜いた2人の青年の希望や絆を、臨場感溢れる迫力の戦場映像とともに描いている。

 オダギリは「(撮影が)2年前の話なので、ほとんど忘れていますが皆さんと思い出していけたらいいです」とあいさつ。一方、山本は「どうも“原発”です。いや、山本太郎です」との自虐ネタで、会場を沸かせた。

 撮影は9カ月に及ぶ超過酷なものだったようだが、それでもオダギリは「日本の俳優がなめられてたまるかって気持ちで頑張った」と当時を振り返った。

 この日、5月29日に結婚を発表したばかりの山本にオダギリからサプライズで花束が贈呈されると、山本は「いいだろう」と得意満面。報道陣からの「新婚生活はどうか?」との問いかけにも「最高ですよ」と満面の笑みで答えたが、「最後になったらいですね」との意味深な発言を残してステージを後にした。

ライブドアニュースより引用

河本・梶原のナマポ問題ですっかり影に隠れた「山本太郎」、この「反原発」馬鹿もどうにかしないとな・・・

« ボブが損するから「ボブソン」だったが、自分が損して潰れた「ボブソン」。 | トップページ | 吉本ナマポ騒動のとんでもない副作用 »

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45547073

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンピースの犬、反原発馬鹿の「山本太郎」のニュースが出た!:

« ボブが損するから「ボブソン」だったが、自分が損して潰れた「ボブソン」。 | トップページ | 吉本ナマポ騒動のとんでもない副作用 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ