フォト

« 反日吉本芸人を使って観光キャンペーンをやる御殿場市の無神経さ | トップページ | 地震の恐怖で煽るくそ女性誌! »

2012年6月 9日 (土)

昨日は「秋葉原無差別殺傷事件」の日

■「凶行 風化させてはいけない」

 7人が殺害され、10人が重軽傷を負った東京・秋葉原の無差別殺傷事件は8日で4年を迎えた。ダガーナイフで脇腹を刺され、重傷を負ったタクシー運転手、湯浅洋さん(58)は、発生時刻に現場をタクシーで通過しながら、「事件を風化させてはならない」と現在の心情を語った。

 「あの日も、こんなふうによく晴れていたな」。午後0時半過ぎ。湯浅さんは4年前に信号待ちをしていたのと同じ場所にタクシーを止め、惨劇の舞台となった交差点を見つめた。

 当時、秋葉原で乗客を降ろし、移動中だった湯浅さん。衝突音と悲鳴に周囲を見渡すと、路上にあおむけに倒れた男性の姿があった。「交通事故かな」。車を降り、救護しようとしたところ、背中に衝撃が走った。シャツを持ち上げるように勢いよく吹き出す血に気づくと、後はのたうち回ることしかできなかった。

 「何が起きたか全く分からなかった。現場を見ても被害者という実感が持てないほど」と話す。事件後は長期休職を余儀なくされ、体調の不安から他業種に転職したが、昨年再びタクシー会社に就職した。

 事件の真相を知るため、加藤智大(ともひろ)被告(29)=殺人罪などで1審死刑、控訴中=に面会を求める手紙を送ったが、「会えなくてすみません」などとする2通の返事が届いた後、連絡は途絶えた。どんな文章を書けば彼の心に響くのか。「手紙を書いては捨てるの繰り返しで、投函(とうかん)ができない」(湯浅さん)という。

 この日の交差点脇には花束や千羽鶴などが積まれ、手を合わせる人の姿があった。「まだ事件を覚えている人がいることに安心した」と話して続けた。「加藤君が真実を語り、そこから社会が教訓を得なければ凶行は繰り返される。決して風化させてはいけない」

gooニュースより引用

宅間についで大量殺人の日がやってきた。

秋葉の加藤の日が昨日だった、世間は「オウム」と「AKB」で騒いでいるが事件現場のすぐ近くに「AKB48劇場」がある。

入梅近くになると凶悪事件の日が二つある。

« 反日吉本芸人を使って観光キャンペーンをやる御殿場市の無神経さ | トップページ | 地震の恐怖で煽るくそ女性誌! »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45588869

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は「秋葉原無差別殺傷事件」の日:

« 反日吉本芸人を使って観光キャンペーンをやる御殿場市の無神経さ | トップページ | 地震の恐怖で煽るくそ女性誌! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ