フォト

« 河本・梶原の他にまだ出るか!芸能人ナマポ不正受給。 | トップページ | いまだにこんな物に夢中になってる「非国民」がいるのか! »

2012年6月14日 (木)

高橋の潜伏先は?川崎に留まっているのか?遠くに逃げたが?

オウム真理教の地下鉄サリン事件で特別手配中の高橋克也容疑者(54)が潜伏先の川崎市から姿を消してから10日が経過した。警察vs高橋の攻防は長期戦の様相を呈してきたが、同容疑者が逃走資金の確保のため、勤務先から給料を前借りしようとしていた可能性が高いことが新たに判明した。これまで一度も事務所を訪れていない同容疑者が、防犯カメラにとらえられたのはそのためだったとみられる。

 追いつめられた高橋容疑者は逃走直前、大胆な行動に出ていた。

 同容疑者は4日午後、勤務先の建設会社の事務所に立ち寄る姿が防犯カメラに写っていた。室内をウロウロと歩き回る不可解な行動。ある捜査関係者は「高橋(容疑者)は、防犯カメラに写りこまないよう、これまで事務所に顔を出したことはなかった。それがリスク覚悟で顔をさらしたのは、給料を前借りするためだった可能性が高い」と話す。

 複数の関係者によると、高橋容疑者は2004年4月から08年4月までこの会社に作業員として勤務していた。だが、現場で上司と衝突して解雇。昨年10月に「もう一度働かせてくれ」と会社に頼み込んで再雇用されたという。

 逃走直前に川崎市内の信用金庫で引き出した現金238万円に、手元に保管していた約500万円。これに20万~30万円の給料を前借りした上で逃走したかったようだが、「この日(4日)は社員が不在で目的を果たせなかったようだ」(先の捜査関係者)。

 防犯カメラでの姿とタクシー運転手の目撃証言以外は、足取りがつかめていない高橋容疑者。

 事態打開のため、警視庁は14日、地下鉄サリン事件の殺人容疑などで横浜市港北区の実家を家宅捜索し、逃走中に立ち寄った形跡がないか調べた。実家は2階建ての一軒家で、高橋容疑者は教団入信後に家を出たほか、両親はすでに亡くなっており、現在は空き家となっている。

 「オウム最後の逃亡犯」はどこで息を潜めているのか。 夕刊フジより引用

情報が交錯する、「鶴見に逃げた!」「いや川崎にまだいる!」「遠くに逃げられた!」などバカテレビは息切れモードだがアホ夕刊紙は少々元気なようだ、特にウジサンケイの「夕刊ウジ」はがんばってるようだ。

逃亡犯のセオリーからいけば「大阪の釜ヶ崎」に潜伏のパターンがある、英国人殺した「市橋」も釜ヶ崎に潜んでいた、まずは西に逃げる。

二つ目は「灯台もと暗し」で以外に近所に潜んでいる、川崎なら「八丁畷」のドヤ街、横浜なら「寿町」のドヤ街に潜める、あるいは「サウナ風呂」や「ネット喫茶」も潜めるスペースだ。

手配が回ったのは8日でこの時点ですでに四日経ってる、ここで初動が失敗!

その空白の3日間ですでに逃げてる、逃げるのなら関越の事故で話題になった「高速ツアーバス」だ、運行業者もいい加減な上ターミナルでなく路上で乗降する。

おまけに乗降場所も駅から離れてる(横浜の場合天理ビル横)。

鶴見に逃げたら路線バスで横浜駅に向かい手前の神奈川で降りる、青木橋を渡らなければそのまま西口の裏に出られる、その近辺なら「サウナ風呂」や「漫画喫茶」に潜伏できる。

タクシーで寿町に行くことも可能だし「高速ツアーバス」の発着乗降所である天理ビル横も歩いて数分だ。

10日経ってる、創価馬鹿警察と高橋のコンクラーベはどうなるか?

« 河本・梶原の他にまだ出るか!芸能人ナマポ不正受給。 | トップページ | いまだにこんな物に夢中になってる「非国民」がいるのか! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45657395

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋の潜伏先は?川崎に留まっているのか?遠くに逃げたが?:

« 河本・梶原の他にまだ出るか!芸能人ナマポ不正受給。 | トップページ | いまだにこんな物に夢中になってる「非国民」がいるのか! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ